@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ミツバアケビ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ミツバアケビ
Akebia trifoliata
アケビ科のつる性落葉木本。北海道,本州四国,九州および中国大陸に分布し,山野に普通に生える。アケビによく似ているが,花は濃紫色で,葉は縁に鋸歯のある広卵形の小葉3枚から成る複葉であることで区別される。アケビと同様に果実若芽食用に,輪切りにして乾燥したものは漢方で木通,通草といい利尿,鎮痛,通経剤として用いられる。つるはバスケットなどの細工物としてアケビより多く利用される。しばしばアケビとの間に自然雑種を生じ,ゴヨウアケビと呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みつばあけび【ミツバアケビ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ミツバアケビ
みつばあけび / 三葉木通
三葉通草
[学] Akebia trifoliata (Thunb.) Koidz.

アケビ科(APG分類:アケビ科)の落葉性藤本(とうほん)(つる植物)。葉は互生し、3小葉からなる掌状複葉。小葉の縁(へり)は波状。托葉(たくよう)はない。花序は総状で垂れ下がり、基部に大形の雌花を1~3個、先端寄りに小形の雄花を多数開く。花被(かひ)は3枚で暗紫色。雄花には6本の肉質の雄しべと退化した心皮があり、雌花は仮雄蕊(かゆうずい)と6~9枚の心皮がある。果実はアケビに似ており、熟すと開き、中に黒色の種子が多数ある。名は、3小葉からなるアケビの意味である。北海道から九州、および中国大陸に分布する。果肉は甘く、食用となる。また、つるで籠(かご)などの編物をつくり、あけび細工として知られている。

[寺林 進 2019年9月17日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミツバアケビ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ミツバアケビの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation