@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ミニ新幹線【ミニしんかんせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ミニ新幹線
ミニしんかんせん
在来線から乗り換えなしに列車新幹線軌道に乗り入れできるようにしようというプロジェクト。日本の在来線軌間は,新幹線の軌間 (標準軌間=1435mm) より狭い軌間 (1067mm) である。そのため,新幹線を乗り入れさせるには,在来線の軌道幅を広げるか,外側にもう1本レールを敷く3線軌道にしなければならない。また,車両高も在来線の高さに合わせる必要がある。そのため,運輸省 (現国土交通省) は建設の条件として,(1) 航空機との競合上,最も有利な3時間を切る区間,(2) 貨物や夜間長距離列車の迂回ルートがある区間,と定めている。 1992年7月開業した山形ミニ新幹線 (福島-山形間) では,標準軌間に作り換え,東北新幹線に連結したミニ車両を福島駅で分離し,福島-山形間を時速 130kmで走る。その結果,東京-山形間は従来より 30分速い2時間 40分となった。 97年3月には盛岡秋田を結ぶ秋田新幹線が開業した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

ミニ新幹線
秋田新幹線と山形新幹線で採用された、新幹線の車両を在来線に乗り入れる方式。「フル規格」新幹線が標準軌(幅1435ミリ)を新設するのに対し、在来線の狭軌(同1067ミリ)を広げるなどすれば既存設備を使えるため、建設費を抑えられる。全国新幹線鉄道整備法は「主たる区間を時速200キロ以上で走る鉄道」を新幹線と定義している。秋田・山形両新幹線はこれに当てはまらず、在来線扱いとなる。
(2019-01-06 朝日新聞 朝刊 秋田全県・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ミニ‐しんかんせん【ミニ新幹線】
車体が標準新幹線のものより小さい新幹線。軌道は、在来線の外側にもう1本敷く方式と、完全に新幹線規格に作り直す方式とがある。
[補説]山形新幹線秋田新幹線がこれにあたる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ミニしんかんせん【ミニ新幹線】
高速鉄道網の整備を促進するため,暫定的に従来の狭軌線を標準軌に改めて新幹線鉄道直通線とし,フル規格の新幹線車両よりやや小型の直通用車両を原則として時速130km以上で運行する方式。1990年から整備新幹線の建設方式の一つとして制度化されたが,新幹線の計画区間以外でも92年7月福島~山形間(山形新幹線),97年3月盛岡~秋田間(秋田新幹線)が東北新幹線への直通線として同様の方式で開業し,これらは新幹線と在来線の直通という意味で新在直通運転とも呼ばれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ミニ新幹線
みにしんかんせん

在来線の軌間を新幹線と同じ1435ミリメートルに拡大し、特別に設計された車両を用いて高速化し、新幹線と直通運転できるようにした区間の通称。新幹線鉄道の建設促進は日本各地で望まれているが、その建設には巨額の費用が必要であり、早期の実現は困難である。より少ない費用で時間と距離の短縮効果を期待して、ミニ新幹線が導入された。1992年(平成4)7月に開通した山形新幹線(福島―山形間)が最初のミニ新幹線であり、1997年3月に開通した秋田新幹線(盛岡―秋田間)がこれに続き、さらに山形新幹線の新庄(しんじょう)への延長工事が進められ、1999年12月に開通した。山形新幹線では特急「つばさ」が、秋田新幹線では特急「こまち」が運転され、「つばさ」は東北新幹線の特急「やまびこ」に、「こまち」は特急「はやて」に併結されて東京と直通運転される(「つばさ」には東北新幹線の区間を単独運転するものもある)。

 勾配(こうばい)や曲線半径は在来線のままなので、通常の新幹線並みの高速運転は不可能であり、最高時速は130キロメートルに制限される。一方、ミニ新幹線に改築された区間は在来線とのレールの連絡は絶たれるため、在来線列車の直通運転はできなくなる。貨物列車の運転も不可能となるため、3線区間を設けたり、在来線の単線を並行させたりして、在来線列車の運転を維持する区間もある。また、ミニ新幹線はあくまで通称であって、全国新幹線鉄道整備法などに定める新幹線(整備新幹線)ではなく、法的には在来線の一部とみなされる。

[青木栄一・青木 亮]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ミニ‐しんかんせん【ミニ新幹線】
〘名〙 車体が標準新幹線のものより小さい新幹線。軌道は、在来線の外側にもう一本敷く方式と、完全に新幹線規格に造り直す方式とがある。山形新幹線は後者。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミニ新幹線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ミニ新幹線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation