@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ミハイル・ロマノフ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ミハイル・ロマノフ
Mikhail Fëdorovich Romanov
[生]1596.7.22. モスクワ
[没]1645.7.23. モスクワ
ロシアのツァーリ (在位 1613~45) 。ロマノフ朝初代のツァーリ。モスクワ総主教フィラレートの子。 1613年動乱時代ののち,ゼムスキー・ソボール (全国議会) によってツァーリに選出された。君主としては凡庸で,33年まで「大君」と呼ばれた父親が実権を握っていた。彼の時代にロシアの秩序は次第に回復するとともに,農奴制が強化され,ロマノフ朝支配の基盤が確立された。当初ゼムスキー・ソボールが重要な役割を果したが,帝権が強化されるとともにあまり招集されなくなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ミハイル・ロマノフ
みはいるろまのふ
Михаил Фёдорович Романов Mihail Fyodorovich Romanov
(1596―1645)
ロシアのロマノフ朝初代皇帝(在位1613~45)。フョードル1世の従兄フョードル・ロマノフ(本名)の子として生まれる。ボリス・ゴドゥノフ帝により父子とも出家させられたが、動乱時代(1604~13)末期にゼムスキー・ソボール(全国会議)により16歳で皇帝に選出された。初め親族、とくに1619年以降、総主教でフィラレートとよばれた父が実権を握ったが、父の死(1633)後は親政した。国内秩序の回復に努め、スウェーデン(1617)、ポーランド(1618)と和したが、その後失地回復のためのポーランドとの戦争(1632~34)は失敗した。財政再建のため重税を課し、逃亡農民の逮捕期間を延長して農奴制を強化した。彼は病弱、凡庸であり、水腫(すいしゅ)のため45年7月13日死去した。[伊藤幸男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ミハイル・ロマノフ
生年月日:1596年7月22日
ロシアの皇帝(在位1613〜45)
1645年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミハイル・ロマノフ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ミハイル・ロマノフの関連情報

関連キーワード

慶長の大地震カソボン慶長チャップマン写本とげぬき地蔵天文学史(年表)直江兼続治水利水施設群大阪北部の地震(2018)称念寺

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation