@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ミモザ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ミモザ
Mimosa
熱帯アメリカに約 300種ほど知られるマメ科の1多年草または低木。ネムリグサ属ともいう。葉は2回羽状に分れた複葉を互生する。花は蝶形花をつくらず,頭状または穂状に多数集ってつく。花弁は小さく4~5枚あり,おしべは 10本以下で,10本以上あるアカシア属と区別される。最も有名なものはオジギソウである。なお日本ではこの属とは別のアカシア属の植物 (ミモザアカシア) をミモザと呼んで切り花用などに使うこともある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ミモザ(mimosa)
マメ科アカシア属とミモザ属(ネムリグサ属)の常緑高木の総称。花は黄色で球状に集まって咲く。主にオーストラリアに産し、観賞用に栽培。ギンヨウアカシアなど。 夏》「―咲き海かけて靄(もや)黄なりけり/秋桜子
カクテルの一種。シャンパンにオレンジジュースを混ぜたもの。グラスはシャンパン用のものを用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みもざ【ミモザ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

飲み物がわかる辞典

ミモザ【mimosa】

カクテルの一種。シャンパングラスにオレンジジュース、シャンパンを注ぐ。ロングドリンク。古くはフランスの上流社会で「シャンパンアロランジェ」(オレンジ入りシャンパン)として飲まれていたレシピ。イギリスではロンドンの「バックスクラブ」がアレンジしたメニューを出していたため、「バックスフィズ」とも呼ばれる。食前酒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ミモザ
〘名〙 (mimosa)
① マメ科アカシア属のフサアカシアの英名および仏名を音読した名称。今日ではこの種の他、花が黄金色で球形の頭状花序に密生するギンヨウアカシアや、それらに類似した常緑高木にもこの名が適用されることがある。《季・春》
② マメ科オジギソウ属の学名。同属には熱帯アメリカを中心に約四八〇種あるが、園芸上はとくにオジギソウをさす。《季・夏》

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ミモザ
みもざ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミモザ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ミモザの関連情報

関連キーワード

エアバス日経300先物取引重複保険ブタ勘合貿易遣明船(年表)脂質代謝総論電波ティカル遺跡モンテアルバン遺跡児童買春児童ポルノ処罰法

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation