@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ミュトス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ミュトス
mythos
古典ギリシア語では,歴史的事実の記録に対し虚構の物語をさし,アリストテレスの『詩学』では物語を順序立てた劇の「」の意で使われている。哲学は基本的にはミュトスから離れロゴスに基づくが,名状しがたいことを述べるため (ソクラテス以前) や論理的思索偏見から解放するため (プラトン) ,しばしばミュトスの比喩的,直観的表現を用いた。アリストテレスはミュトスとロゴスを区別したが,哲学は驚きから始まり,ミュトスも不思議な事柄から成るがゆえに,ミュトスを愛する者もある意味で哲学者であるとした (『形而上学』) 。近世のロマン主義哲学 (なかんずくシェリング) やニーチェはミュトスを非合理的世界解釈として再評価した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ミュトス(〈ギリシャ〉mythos)
《語り伝えられるものの意。「ミトス」とも》自然・神々・英雄などについて民間に伝わる物語。伝説。伝承神話

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みゅとす【ミュトス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ミュトス
〘名〙 (mythos 話されるものの意) 自然・天地・神々・人間・動物などの活動や歴史的事件などについての伝説。説話。神話。
※ネオヒューマニズムの問題と文学(1933)〈三木清〉一「ミュトスは客観的事実をそのまま現はすものでないが、決してただ荒唐無稽なものではない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュトス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ミュトスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation