@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ミュラー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ミュラー
Müller, Adam Heinrich
[生]1779.6.30. ベルリン
[没]1829.1.17. ウィーン
ドイツのロマン主義的政治思想家。 1813年以後オーストリア政府に用いられ,後年メッテルニヒの助言者となる。 E.バークシェリングの影響を受け,主著『国家学綱要』 Elemente der Staatskunst (1810) においてアトム的個人を前提とした機械論的国家観に対して,中世的秩序をモデルとした有機的国家観を主張した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュラー
Müller, Friedrich
[生]1749.1.13. クロイツナハ
[没]1825.4.23. ローマ
ドイツの詩人。シュトゥルム・ウント・ドラング運動に参加し,『羊毛刈り』 Die Schafschur (1775) などの牧歌をはじめ数多くの抒情詩バラードを書く一方戯曲にも情熱を傾け,『ファウスト生涯』 Fausts Leben dramatisiert (78,未完) などを残した。画家としても有名で,「画家ミュラー」の通称で知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュラー
Müller, Friedrich Max
[生]1823.12.6. デッサウ
[没]1900.10.28. オックスフォード
ドイツに生れ,イギリスに帰化した東洋学者,比較言語学者。詩人 W.ミュラーの子。ベルリン大学で学んだのち,パリで印欧比較言語学の権威 E.ビュルヌフ師事イギリスに渡って,1850年オックスフォード大学教授。『リグ・ベーダ』をはじめとする東洋古典に関して数々の校訂,翻訳,研究書を刊行。古代東洋文化,特にインド学の幅広い分野にわたって,科学的・批判的学問研究の基礎を築くとともに,比較言語学,比較神話学を確立した。主編書『東方聖書』 The Sacred Books of the East (50巻,1879~1910) ,『インド六派哲学』 The Six Systems of Indian Philosophy (1899) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュラー
Müller, Fritz
[生]1821.3.31. ウィンディシュホルツハウゼン
[没]1897.5.21. ブラジル,ブルメナウ
ドイツ生れの動物学者。ベルリン大学で医学を学び,在学中 J.P.ミュラーから影響を受ける。 1852年以降ブラジルで動物学の研究に従事。クルマエビが発生の過程でいくつかの異なる形態をとり,それぞれの形態が他の種類の甲殻類の成体に類似することを指摘して,個体発生と進化の歴史との並行性を説いた。これは E.ヘッケルによる生物発生原則先駆をなすものであった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュラー
Müller, Georg Elias
[生]1850.7.20. ライプチヒ近郊グリマ
[没]1934.12.23. ゲッティンゲン
ドイツの心理学者。ツェルノビッツ大学教授を経てゲッティンゲン大学教授。 40年近くもゲッティンゲン大学の研究室を主宰し,その業績は精神物理学知覚,記憶など広範囲に及び,しかもその成果は高く評価され,現代の実験心理学基盤となっている。理論的には,統一的全体としての心的複合の特性を重視する複合説をとる。主著『精神物理学の基礎』 Zur Grundlegung der Psychophysik (1876) ,『記憶研究の実験的寄与』 Experimentelle Beiträge zur Lehre vom Gedächtnis (1900,共著) ,『記憶作業と表象過程の分析』 Zur Analyse der Gedächtnistätigkeit und des Vorstellungsverlaufes (11~17) ,『複合説とゲシュタルト説』 Komplextheorie und Gestalttheorie (23) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュラー
Müller, Heiner
[生]1929.1.9. ザクセン,エッペンドルフ
[没]1995.12.30. ベルリン
ドイツの劇作家。 1950年代から執筆活動を始め,社会主義における生産現場を描いた『トラクター』 (1955) ,『賃金を抑えるもの』 (58) や,東ドイツ建国期を題材にした『ゲルマニア,ベルリンの死』 (57) などを発表。その後上演禁止処分を受けたが,60年代後半からはギリシア演劇の古典やシェークスピア劇などの改作を行う。 90年のドイツ統一後も活動を続け,95年3月以来ベルリナー・アンサンブルの芸術担当の演出家をつとめていた。代表作『ハムレットマシーン』 (77) にられる典型的な手法は,幻想的・暴力的なイメージの断片を積重ねて政治批判を示すというもので,その解釈も上演する側の自由にまかせ,テキストとしては確定させない姿勢がうかがわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュラー
Müller, Hermann
[生]1876.5.18. マンハイム
[没]1931.3.20. ベルリン
ドイツの政治家。 1899年社会民主党地方機関紙の編集長。 1916年国会議員。第1次世界大戦敗戦後,ワイマール共和政第2代の G.バウアー内閣の外相としてベルサイユ条約に調印。 20年首相。同年以降社会民主党国会議員団団長。 28年再度首相に就任,賠償に関するヤング案に調印。 30年3月失業問題を処理しきれず辞任。 (→ドイツ賠償問題 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュラー
Müller, Johannes Peter
[生]1801.7.14. コブレンツ
[没]1858.4.28. ベルリン
ドイツの生理学者,解剖学者。父は靴屋。ボン大学で医学を学ぶ (1819~22) 。卒業論文には自然哲学への傾倒ぶりがうかがわれる。次いでベルリン大学に移り,解剖学者 K.ルドルフィに師事。その影響で自然哲学の支配を脱する。 1824年よりボン大学で生理学および比較解剖学講師をつとめ,助教授 (26) ,教授 (30) となる。その間,26年に『視覚の比較生理学』 Zur vergleichenden Physiologie des Gesichtssinnesを著わし,さまざまな感覚器はそれぞれ固有の様式で外界からの刺激を受容する,たとえば視神経はどのような方法で刺激しても,光の感覚しか起さないことを指摘した。これはミュラーの法則とも呼ばれ,感覚生理学の発達に多大の影響を与えた。また,外界は感覚器の作用を媒介にしてのみ認識されると説いて認識論の分野にも影響を及ぼした。彼は生理学から解剖学の広い領域にわたっておびただしい業績を上げているが,この時期のものでは,ミュラー管発見が著名である。ルドルフィの後任としてベルリン大学教授となる (33) 。『人体生理学概論』 Handbuch der Physiologie des Menschen für Vorlesungen (2巻,33~40) を著わして,機械論に基づく生理学の確立を促すとともに,現場の医療活動と生理学研究との間に情報交換のための道を開く役割も果した。また,弟子の T.シュワンによる細胞説提唱後は,腫瘍の細胞学的研究を行い,病理組織学という新しい研究領域を開拓した。 40年以降は比較解剖学や海産動物の記載分類を行なった。彼の門下には,シュワンのほか,E.デュ・ボア=レイモン,H.ヘルムホルツ,E.ヘッケル,R.レマーク,R.ウィルヒョーらがいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュラー
Müller, Johannes von
[生]1752.1.3. シャフハウゼン
[没]1809.5.29. カッセル
スイスの歴史家。2年間のスイス滞在後マインツ大司教に招かれ顧問官 (1786~92) ,フランス革命軍の進入直前にウィーンに移って枢密顧問官 (93~98) をつとめ,最後にナポレオン1世に起用されてウェストファリア王国の教育長官となった。啓蒙主義的な世界観に立って広くヨーロッパの歴史を研究。主著『スイス連邦史』 Geschichten Schweizerischer Eidgenossenschaft (86~1808,未完) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュラー
Müller, Karl Otfried
[生]1797.8.28. シュレジエン,ブリーク
[没]1840.8.1. アテネ
ドイツの古代学者。ブレスラウで学んだのち,ベルリンで A.ベックに師事し,1819~39年はゲッティンゲン大学の古代言語学の教授をつとめた。古代ギリシア史を組立てるために神話を広く適用し,政治,芸術,宗教,文学,一般史を含む古代ギリシア文明の包括的理解を目標とした。主著『ギリシア民族と都市の歴史』 Geschichte hellenistischer Stämme und Städte (1巻,1820,2巻,24) ,『美術考古学便覧』 Handbuch der Archäologie der Kunst (30) ,『エトルリア人』 Die Etrusker (32) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュラー
Müller, Karl von
[生]1852.9.3. ランゲンブルク
[没]1940.2.10. テュービンゲン
ドイツのプロテスタント神学者,教会史家。ハレ,ギーゼン,ブレスラウ,テュービンゲンの各大学教授を歴任。特に近世教会史の研究に貢献した。主著『教会史』 Kirchengeschichte (1892~1919) ,『ルターカルルシュタット』 Luther und Karlstadt (07) ,『ルターの教会・社会・主権観』 Kirche,Gemeinde und Obrigkeit nach Luther (10) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュラー
Müller, Leopold
[生]1824.6.24. マインツ
[没]1893.10.13. ベルリン
ドイツの陸軍軍医。ボン大学,ベルリン大学で医学を学び,1847年王立シャリテ病院医官,56年からハイチ国の軍医として招かれ,12年間同国の軍隊および陸軍病院の軍医総監をつとめ,70年の普仏戦争で活躍。 71年ドイツ軍軍医正。同年8月,前年に日本がプロシアとかわした医育契約に基づき,海軍軍医 T.ホフマンとともに来日,東校 (東京大学医学部の前身) の教官となり,文部卿に次ぐ権限をもって明治初年の日本の医育制度を一挙にドイツの陸軍軍医学校の方式に改めた。すなわち,全寮制として制服を着せ,予科 (3年,翌年から2年となる) ,本科 (5年) を分け,定員は本科 40名,予科 60名とした。本科生には,みずから解剖学,外科学,婦人科学,眼科学を講義,ホフマンが内科学を担当した。 74年任期満了,翌年帰国に際し,勲四等旭日章を贈られた。帰国後はベルリン廃兵院院長となった。半身像が東京大学構内にある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュラー
Müller, Otto
[生]1874.10.16. リーバウ
[没]1930.9.24. ブレスラウ
ドイツの画家,版画家。1890~95年ブレスラウで石版画の修業をし,のち1896~98年ドレスデンの美術学校に学ぶ。1907年ベルリンでエーリッヒ・ヘッケルを知り,1910年ドレスデンで「ブリュッケ」の同人らと作品を発表,その後 1913年までブリュッケに参加。1919年以降はブレスラウの美術学校教授。エジプト美術,ルーカス・クラナハ,ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーガンを賛美し,細身の少女の裸身やロマを描き,文明に毒されぬ楽園を表現しようと努めた。(→表現主義

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュラー
Müller, Paul Hermann
[生]1899.1.12. オルテン
[没]1965.10.12. バーゼル
スイスの化学者。バーゼル大学に学び,1925年,同地のガイギー研究所に入り,染料と皮なめし剤の研究にあたった。 39年ハエ,カ,シラミなどに強力な殺虫効果をもつ接触毒ジクロロジフェニルトリクロロエタン DDTの合成に成功した。 DDTは同年9月に大量生産され,アメリカでは,コロラドハムシに有効でジャガイモの増産に役立つことが証明され,さらにイタリア戦線でアメリカ軍に使用,シラミが媒介する発疹チフスの流行を食止めた。また太平洋戦線でも,病気を媒介する害虫への強力な武器として役立った。 DDT開発の功により 48年ノーベル生理学・医学賞受賞。しかし,その後その残留毒性が問題となり,各国で使用禁止,日本でも 70年禁止措置がとられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュラー
Müller, Wilhelm
[生]1794.10.7. デッサウ
[没]1827.9.30. デッサウ
ドイツの詩人。ベルリン大学に学び,デッサウのギムナジウムの教師,図書館長となった。民衆的心情のこもったロマンチックな詩を多く書き,特に『美しき水車小屋の娘』 Die schöne Müllerin (1821) ,『冬の旅』 Die Winterreise (23) はシューベルト作曲で有名。また対ナポレオン戦争に志願兵として参加するなど戦士的情熱もあわせもち,ギリシア解放戦争感激を歌った『ギリシア人の歌』 Lieder der Griechen (21~24) は彼の声価を一躍高め,「ギリシア人ミュラー」と称された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュラー
Müller, William John
[生]1812.6.28. ブリストル
[没]1845.9.8. ブリストル
ドイツ生れのイギリスの風景画家。生地で J.パインに風景画を学ぶ。 1833年イギリスのロイヤル・アカデミーに初出品。 34年フランス,スイス,イタリア,38~39年ギリシア,エジプトを行。帰国後ロンドンに定住し定期的に作品を発表。 43年古代大理石彫刻の調査隊に同行して小アジアを旅行し,多数の水彩の風景画を制作した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュラー
Muralt, Béat Louis de
[生]1665.1.9. ベルン
[没]1749.11.19. ヌーシャテル,コロンビエ
スイスの道徳学者。国外に出,フランス,イギリスを経たのちベルンに帰ったが,1701年敬虔主義のゆえにベルンを放逐された。以後コロンビエに居住し著述専念。イギリスの思想,政体をフランスに紹介することによって,ボルテール,J.-J.ルソーなどに影響を与えた。『イギリス人,フランス人に関する手紙』 Lettres sur les Anglais et les Français (1725) ,スイスの独立思想を論じた『狂信的書簡』 Les lettres fanatiques,自己の信条である神秘的理性論を論じた『人類に勧告する神の本能』 Instinct divin recommandé aux hommes (27) などの著書がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュラー
Müller, Herta
[生]1953.8.17. ニツキドルフ
ルーマニア生まれのドイツの作家。両親はルーマニアのドイツ系少数民族。1973年から 1976年まで,ティミショアラ大学でドイツ文学とルーマニア文学を専攻し,独裁体制下で表現の自由を求めるドイツ語作家のグループ「バナート行動隊」に参加。卒業後,技術翻訳の仕事についたが,秘密警察セクリタテアへの協力を拒んだために解雇され,その後は幼稚園教師や家庭教師として生計を立てた。1982年,民族間の不寛容や,腐敗と排除が横行する村の生活の偽善性を描いた短編集『澱み』Niederungenでデビュー。当初は検閲により修正されたが,1984年に未検閲版がドイツ連邦共和国(西ドイツ)で出版され,1999年には独英 2ヵ国語版が『どん底』Nadirsのタイトルで発行された。しかしニコラエ・チャウシェスクの独裁政権を公然と批判したことから,ルーマニアでの出版活動を禁止された。1987年,ルーマニア政府から出国許可を得て西ドイツに移住。1989年の『一本足での旅』Reisende auf einem Beinは亡命生活と同化の難しさをテーマにした作品。半自伝的小説『ヘルツティーア』Herztier(1994)は,マイケル・ホフマンにより英訳され,1998年に国際IMPACダブリン文学賞を共同受賞した。ミュラーの傑作の一つに数えられるこの作品は,ルーマニアでの残虐行為やいやがらせを逃れてドイツに移住し新生活に踏み出した女性が語り手。次作『自分はできれば自分に会いたくはなかった』Heute wär ich mir lieber nicht begegnet(1997)も女性が語り手で,国家に寄生する破壊分子とみなされたミュラーが受けた屈辱と冷遇が語られている。政治的抑圧への抵抗や,脅迫と恐怖,迫害によって引き起こされる人間存在の苦悩を鮮明に,説得力のあることばで描き出し,2009年に女性としては 12人目,ドイツ人作家としては 1999年のギュンター・グラス以来となるノーベル文学賞を受賞した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュラー
Müller, Karl Alexander
[生]1927.4.20. バーゼル
スイスの物理学者。 1958年スイス連邦工科大学で博士号を取得。 63年 IBMチューリヒ研究所に入所,のちに物理学研究室責任者となり 82年から IBM上席研究員。酸化物の専門家として 1980年代初めから超電導体の研究に着手。当時物質が電気抵抗を失う温度は最高で絶対温度 23Kだったが,後輩の J.ベドノルツとともにバリウムランタンの混合酸化物が 35Kで超電導状態になることを見出した (1986) 。この発見は世界中の科学者に衝撃を与え,酸化物の研究が進み,その後1年足らずで 100Kでの超電導が達成された。発電電力輸送の可能性が示され,経済的にも重要な発見とされた。ベドノルツとともに 87年ノーベル物理学賞を受賞した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ミュラー(Friedrich Max Müller)
[1823~1900]英国の言語学者・宗教学者。ドイツ生まれ。比較言語学立場から宗教学・神話学の科学的方法論を唱え、「リグ‐ベーダ全集」「東方聖典」などサンスクリット聖典を英訳・刊行。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュラー(Johannes Peter Müller)
[1801~1858]ドイツの生理・解剖学者。血液成分、分泌腺の働き、腫瘍(しゅよう)の構造生殖器官の発生など、広い分野の研究で、多くの業績がある。著「人体生理学便覧」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュラー(Paul Hermann Müller)
[1899~1965]スイスの化学者。DDTに強い殺虫力があることを発見した。1948年ノーベル生理学医学賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュラー(Wilhelm Müller)
[1794~1827]ドイツ‐ロマン派の叙情詩人。作品「美しき水車小屋の娘」「冬の旅」は、シューベルトの作曲で知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ミュラー Müller, Benjamin Carl Leopold
1822-1893 ドイツの軍人。
1822年4月21日生まれ。陸軍軍医正。明治4年(1871)政府にまねかれ,海軍軍医ホフマンとともに来日。東校(東大医学部の前身)で外科,婦人科,眼科を中心に医学教育診療にあたり,ドイツ式による日本の医学教育制度の基礎をきずいた。8年帰国。1893年9月13日死去。71歳。マインツ出身。自伝に「東京―医学」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ミュラー Müller, Caspar
1835-? スイスの製糸技術者。
横浜のシーベル-ヘグナー商会社員として滞日中,明治3年(1870)前橋藩速水堅曹(はやみ-けんそう)にまねかれ,藩営の前橋製糸場創設指導。つづいて小野組築地(つきじ)製糸場の開業にもかかわり,日本にイタリア式製糸技術をつたえた。7年帰国。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ミュラー Müller, Albert
1865-? ドイツの蹄鉄(ていてつ)技術者。
1865年12月31日生まれ。ベルリン蹄鉄学校でまなび,陸軍下士官となる。明治23年(1890)政府にまねかれて来日。東京農林学校,後身の帝国大学農科大学の獣医学科で蹄鉄技術をおしえた。28年帰国。マクデブルク出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ミュラー【Adam Müller】
1779‐1829
ドイツの思想家。友人ゲンツFriedrich Gentzを通じて,E.バークの保守主義の影響をうけ,ベルリンのロマン主義者の仲間に入る。1808年クライストとともに雑誌《フェーブスPhöbus》を発刊,ドイツ・ロマン主義者の代表者となった。主著《国家学要綱》3巻(1809)では,啓蒙主義的国家観を排し,国家有機体説を鼓吹した。プロイセンの自由主義的改革に反対し,後にはメッテルニヒに用いられ,復古期の保守的反動的思想家の代表として知られている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ミュラー【Benjamin Carl Leopold Müller】
1822‐93
ドイツの医師。日本がドイツ医学を採用することにしたさい,最初にやってきた御雇医師で,東大(当時大学東校と称した)において医学教育にあたり,日本近代医学の基礎を築いた。マインツで生まれる。ベルリン大学卒,シャリテ病院医官。ハイチ国に招かれたのち普仏戦争に従軍,陸軍軍医正となる。1869年,日本はドイツ医学の採用につき同国に教師の派遣を依頼したが,普仏戦争で来着が遅れ,71年(明治4)にミュラーと,彼が選んだ13歳年少のT.E.ホフマンの2人が来日した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ミュラー【Friedrich Max Müller】
1823‐1900
ドイツに生まれ,イギリスで活動したインド学者,言語学者,宗教学者。ベルリンとパリに学び,1847年イギリスに渡り,50年よりオックスフォード大学の教授を務める。《リグ・ベーダ》の校訂(6巻本,1849‐75。4巻本,1890‐92),サンスクリット本《大無量寿経》の校訂(南条文雄(なんじようぶんゆう)と共同校訂,1883),ウパニシャッドの翻訳(全2巻,1884),《インドの六派哲学》(1899)などインド学の諸分野で幅広く活躍するとともに,《言語学講義》(1861)で知られる比較言語学の権威であり,また《比較宗教学序説》(1874)で知られる比較宗教学の創始者の一人でもあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ミュラー【George Müller】
1805‐98
ドイツ生れのイギリスの牧師,社会事業家。ハレ大学で学んだあとイギリスに渡り(1829),プリマス・ブレズレンPlymouth Brethren(1830年ダービーJ.N.Darbyによってプリマスに創設されたキリスト教団体)の牧師となる。1836年にブリストルで孤児院を設立し2000人にのぼる孤児収容保護し,神への祈りによって精神的なものだけではなく物質的な必要も与えられると信じ,祈りと篤志家献金によって孤児の世話を続けた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ミュラー【Heiner Müller】
1929‐95
東ドイツの劇作家。エッペンドルフ(ザクセン州)の生れ。晩年のブレヒトの教育劇再志向路線に立った現代劇《賃金を抑える者》《訂正》(ともに1958初演)を書いて注目された。60年代には《フィロクテテス》(1964),《プロメテウス》(1969)をはじめ多数の古典戯曲の唯物弁証法的改作を行い,P.ハックスとならぶ東ドイツの重要なブレヒトの継承・発展者としての評価を得たが,その後代表作《セメント》(1973,グラトコーフの小説にる)や〈ドイツの悲惨〉をテーマにした《戦い》(1974),《グントリング》(1976),《ゲルマニア》(1977)の三部作を発表,〈言語の錬金術師〉とまで呼ばれる独特の唯物論的・思想的言語を精製し,カフカやA.アルトーへの接近からも,今日もっとも重要な同時代劇作家の一人として国際的な評価を受けている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ミュラー【Johannes Peter Müller】
1801‐58
ドイツの比較解剖学者,生理学者。解剖学,生理学,発生学,古生物学,医学史など広範な領域にわたって業績をあげた。彼の名を冠するものだけでも,特異的感覚エネルギーの法則,軟骨索,毛毬囊(もうきゆうのう)などあり,生殖器の起源であるミュラー管の記載もおこなっている。組織学でいう結合組織も彼の命名による。コブレンツの靴屋の息子として生まれ,1819年ボン大学に入学,はじめカトリック神学を修めようとしたが,医学に転じた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ミュラー【Wilhelm Müller】
1794‐1827
ドイツの詩人。ベルリン大学在学中以外はずっと生地デッサウを離れず,ギムナジウムの先生をしながら,詩作,翻訳,編集等の文学活動に携わった。シューベルトが彼の連作詩《美しき水車小屋の娘》(1820)と《冬の旅》(1824)に作曲したことで知られ,民謡調の詩に近代的人間感情を盛った手法はハイネに影響を与えた。自由を愛し,ギリシア独立戦争を支持して多くの詩を発表する側面もあった。【石井 不二雄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ミュラー【Müller】
Friedrich Max M. 1823~1900 ドイツ生まれのイギリスの言語学者・宗教学者。比較言語学・サンスクリットを研究、インド学の諸分野で活躍。宗教の客観的・科学的な比較研究を提唱。主著「古代サンスクリット文学史」
Johannes Peter M. 1801~1858 ドイツの生理学者。解剖学・発生学・生理学など諸分野にわたり多くの業績を残す。血液成分の研究、腺・腫瘍の微細構造の研究、ミュラー管の発見などで知られる。
Karl Alex M. 1927~  スイスの実験物理学者。ベドノルツとともに酸化物高温超伝導体を発見。
Leopold M. 1824~1893 ドイツの軍医。1871(明治4)~75年滞日。日本の医学教育制度を確立、ドイツ医学移植の基礎をつくる。
Paul M. 1899~1965 スイスの化学者。植物の害虫対策を研究。 DDT の殺虫効果を発見し、合成に成功。
Wilhelm M. 1794~1827 ドイツロマン派の詩人。民謡調の抒情詩を書いた。「美しき水車小屋の娘」「冬の旅」はシューベルトの作曲によって有名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ミュラー
生年月日:1821年3月31日
ドイツの動物学者
1897年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュラー
生年月日:1876年5月18日
ドイツの政治家
1931年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュラー
生年月日:1850年7月20日
ドイツの心理学者
1934年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュラー
生年月日:1797年8月28日
ドイツの古代学者
1840年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ミュラー
[一] (Adam Heinrich von Müller アダム=ハインリヒ=フォン━) ドイツの政治哲学者、国家学者。ロマン主義の立場から反動的な有機体説的国家理論を唱え、メッテルニヒ時代の反自由主義陣営の理論的指導者となる。主著「国家学要綱」。(一七七九‐一八二九
[二] (Wilhelm Müller ウィルヘルム━) ドイツの後期ロマン派の民衆詩人。「美しき水車小屋の娘」「冬の旅」などがシューベルトによって作曲された。(一七九四‐一八二七
[三] (Paul Hermann Müller パウル=ヘルマン━) スイスの化学者。合成接触殺虫剤の研究を行ない、一九三九年にDDTを完成。四八年ノーベル生理学・医学賞受賞。(一八九九‐一九六五
[四] (Friedrich Max Müller フリードリヒ=マックス━) ドイツ生まれのイギリスの比較言語学者、宗教学者。(二)の子。オックスフォード大学教授。サンスクリット学者として「リグ‐ベーダ全集」「東方聖典集」を公刊し、古代東洋文化研究の基礎を築いた。(一八二三‐一九〇〇
[五] (Benjamin Carl Leopold Müller ベンヤミン=カール=レオポルド━) ドイツの陸軍軍医。明治四年(一八七一)来日、医学教育と治療にあたり、日本の近代医学の確立に貢献した。(一八二二‐九三
[六] (Johannes von Müller ヨハネス=フォン━) スイスの歴史家。スイス史の古典「スイス連邦史」を書いた。ロマン主義的中世復興の先駆者とみなされる。(一七五二‐一八〇九
[七] (Johannes Peter Müller ヨハンネス=ペーター━) ドイツの生理学者。解剖学・生理学・発生学など広範囲にわたって研究し、腺や骨の微細構造に関する研究やミュラー管の発見で知られる。著「人体生理学叢書」ほか。(一八〇一‐五八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ミュラー
ミュラー
Müller, Paul Hermann

スイスの化学者.高校卒業後,2年間化学会社に勤めたのち,バーゼル大学に入学.1925年学位を取得してR.J.Geigy社に入社した.はじめ革なめし剤や水銀を含まない種子消毒剤を開発したが,1935年より殺虫剤の研究に着手し,トリクロロエタンの誘導体を中心に350物質を検索して,1939年にDDTの殺虫作用を発見した(DDTそのものの合成は,1874年Othmar Zeidlerによる).DDTは幅広い昆虫に対する接触毒性や長期の残効性など,殺虫剤として理想的と思われた条件を備えており,第二次世界大戦中から戦後にかけて,チフスやマラリアなど昆虫媒介感染症の防疫に効果をあげ,1948年ノーベル生理学医学賞を受賞.農林業用としても戦後大量に使用され,やがてその残留毒性による環境影響が大きな社会問題となった.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュラー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ミュラーの関連情報

関連キーワード

後桃園天皇カージャール朝ティチングブロンホフ後桃園天皇平賀源内カージャール朝後桃園天皇浦上玉堂インゲンホウス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation