@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ミュージック・ホール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ミュージック・ホール
music hall
食事や酒をとりながら歌,踊り,アクロバットなどの芸を楽しむ演芸場。アメリカのバラエティー劇場やボードビル劇場にあたるイギリスの用語。初めは酒場に付属した娯楽場であったが,劇場認可 (ライセンス) 制の法の目をくぐって小劇場へと発展。 19世紀から第1次世界大戦にかけて盛況をみせたが,戦後は映画に押されて人気が衰えた。現在のミュージック・ホールは,バラエティー演芸場の性格が薄れて,スペクタクルレビュー劇場へと変貌している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ミュージック・ホール
みゅーじっくほーる
music hall
ビクトリア王朝時代(1837~1901)のイギリスで流行繁栄した、歌、踊り、寸劇、奇術などの大衆芸能を上演する施設をいう。フランスでは同様の英語綴(つづ)りでミュジコールと発音する。また類似のものにアメリカのボードビル・ハウスがある。
 18世紀初頭から19世紀へかけてイングランド地方の小さなタバンtavern(居酒屋兼宿屋)において、テーブルについた客が酒を飲みながら演芸を楽しむタップルームtaproom(酒場になっている部屋)でのコンサートがその起源である。ロンドンでは1812年以降街路にガス灯が普及するに伴い、深夜歓楽を求める人々でにぎわいが倍増、タバンの規格を超えた精巧な舞台装置を備えた大規模な劇場もできた。都市人口の急増により娯楽の需要も強まったが、半面、劇場への規制も厳しくなり、1843年には大劇場内での飲酒や喫煙が禁止された。しかし音楽や演芸を上演するだけのミュージック・ホールのほうは許可されたため、それに便乗してタバンの経営者たちはこぞって隣接地に、別にミュージック・ホールを新設した。こうして19世紀後半にはミュージック・ホールの全盛期を迎え、歌手のマリー・ロイドをはじめダン・レノ、ベスタ・テイリー、アルベール・シュバリエらのスターが活躍した。
 20世紀に入るとミュージック・ホールは大規模なバラエティ劇場に押されて勢いを失い、ついで1920年代後半から流行したトーキー映画に客を奪われるに至った。第二次世界大戦後はロンドンのウィンドミル・シアターなど、ごくわずかが残存したにすぎない。しかしかつてはぐくまれた芸の伝統は現在のミュージカルの舞台などに受け継がれている。
 フランスでは18世紀にカフェ・コンセールcaf concertと称する類似のものがあったが、19世紀末に英語名がそのまま取り入れられ、レビューなどさらに多彩な演目を加え、独自の発展を遂げた。1869年にパリに開場したフォリー・ベルジェールをはじめカジノ・ド・パリ、ムーラン・ルージュなどは観光の名所として世界的に有名になり、ミスタンゲット、モーリス・シュバリエなど多くのシャンソンやレビューのスターを育て上げた。ことにムーラン・ルージュにおけるカンカン踊りはあまねく人の知るところとなり、フランスの国民性に根ざした独特のミュージック・ホール文化を築いたが、現在は往年の活気はみるべくもない。
 日本では第二次大戦後の1952年(昭和27)3月に東京・有楽町の日本劇場5階に開場した日劇ミュージック・ホールがこの名を用いた最初とされているが、実際はストリップショー専門の単なる小劇場で本来のものとはいささか趣(おもむき)を異にする。[向井爽也]
『秦豊吉著『演劇スポットライト』(1955・朋文堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュージック・ホール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ミュージック・ホールの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation