@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ミラノ勅令【ミラノちょくれい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ミラノ勅令
ミラノちょくれい
Edict of Milan
313年2月コンスタンチヌス1世 (大帝)リキニウス帝とミラノで会見した際に発した勅令キリスト教を初めて公認し,長かったキリスト教迫害に終止符を打った画期的なもの。キリスト教の信教の自由の認可,教会の没収財産の返却などが定められた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミラノ勅令
ミラノちょくれい
Décret de Milan
1807年ナポレオン1世が発した勅令。ベルリン勅令による大陸封鎖 (→大陸制度 ) をさらに強化することを目的とした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ミラノ‐ちょくれい【ミラノ勅令】
帝政ローマ中期の313年、コンスタンティヌス1世とリキニウス帝がミラノで発したとされる、キリスト教徒の信教の自由を認めた勅令。増大しつつあるキリスト教徒の支持を得ようとしての政治的措置とされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みらのちょくれい【ミラノ勅令】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ミラノ勅令
みらのちょくれい
313年、ミラノMilanoにおいてローマ帝国のコンスタンティヌス大帝とリキニウス帝との両皇帝が発布した、キリスト教公認の勅令。キリスト教迫害の根本的廃止、教団の法人としての認知、迫害中に没収された不動産の原状回復などを内容とする。
 厳密にいえば、ミラノでそのような勅令が出された歴史的事実はなく、ただ、両皇帝のミラノでの協定に基づいてリキニウスが同年ニコメディアで両皇帝の名において発した訓令の内容の記録が伝わるにすぎないが、後世の史家がこれをミラノ勅令とよんだのである。ローマ帝国のキリスト教迫害政策は4世紀の初期には行き詰まりがみえ、寛容への動きも出ていた(311年のガレリウス帝の寛容勅令など)。しかし、このいわゆるミラノ勅令は、帝国が単なる寛容の域を超えて、キリスト教との融合の方向へ決定的な一歩を踏み出したことを象徴する点において、歴史の転換点ともいうべき重要な位置を占めている。[出崎澄男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ミラノ‐ちょくれい【ミラノ勅令】
[一] コンスタンティヌス大帝が三一三年、リキニウス帝とミラノで会見し、属州長官あての書簡の形式で発した勅令。キリスト教信徒の自由を認めたもの。
[二] ナポレオン一世の大陸封鎖を強化する勅令。一八〇七年発布。前年のベルリン勅令を補うもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ミラノ勅令
ミラノちょくれい
the Edict of Milan
①313年,ローマ帝国でキリスト教を公認した勅令
②1807年にナポレオン1世が発布した勅令
当時の西ローマ副帝コンスタンティヌス1世とリキニウスがミラノで会見し,キリスト教徒の信仰の自由を保証するため,両者連名で発布したと伝えられる。キリスト教を帝国統治の上に役だてようとする意図があったという。
前年のベルリンで出した勅令(大陸封鎖令)を補ったもの。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミラノ勅令」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ミラノ勅令の関連情報

関連キーワード

議決権初期キリスト教美術懐帝マクシミヌスマクシミヌス・ダイア初期キリスト教建築六朝時代犬挟峠キリスト教美術コンスタンティヌス(大帝)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation