@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ミラボー(comte de Mirabeau, Honoré Gabriel Riqueti)【みらぼー】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ミラボー(comte de Mirabeau, Honoré Gabriel Riqueti)
みらぼー
comte de Mirabeau, Honoré Gabriel Riqueti
(1749―1791)

フランス革命期の政治家。重農主義の経済学者ミラボー侯Marquis de Mirabeauを父として3月9日に生まれる。1767年18歳で軍籍に入ったが、3年後には除隊し、乱行と浪費の波瀾(はらん)の青年期を送り、1772年貴族の出のエミリと結婚した。父は幾たびも封印状によってミラボーを拘囚。ジュラ地方の要塞(ようさい)監獄にいたとき、司令官夫人ソフィとオランダに逃走し、1777年から3年間バンセンヌに投獄され、そこで『ソフィへの書簡』を書き、知的形成を行った。エクス高等法院廷におけるエミリの離婚訴訟に対する弁論の大演説は国外にも知られた。1786年からベルリンを訪問して大著『プロイセン王国論』(1788)を発表、文筆活動に携わった。1789年エクス、マルセイユから三部会の第三身分議員に選出され、政治生活に入り、魁偉(かいい)な容貌(ようぼう)とその雄弁によって、幾たびか議会を制圧し、パリ市民の人気を博した。愛国税、教会財産国有化法案を支持したが、君主主義者として1790年の憲法論争では国王の拒否権、宣戦講和権を主張。君主制を守ろうとし、友人を介してルイ16世に革命の凍結をねらう覚書を送り、年金を受けた。さらに同年7月マリ・アントアネットとの秘密会見が明らかとなり、議会への裏切りが糾弾された。しかしその人気は回復し、1791年3月には議長となったが、同年4月2日、腎石仙痛(じんせきせんつう)で急死した。遺体はパンテオンに葬られたが、1792年の民衆蜂起(ほうき)、いわゆる「八月十日事件」のとき、宮廷に送った彼の書類が発見されてパンテオンから除かれた。

[井上幸治]

『井上幸治著『ミラボーとフランス革命』(1949・木水社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミラボー(comte de Mirabeau, Honoré Gabriel Riqueti)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ミラボー(comte de Mirabeau, Honoré Gabriel Riqueti)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation