@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ミレイ(Sir John Everett Millais)【みれい】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ミレイ(Sir John Everett Millais)
みれい
Sir John Everett Millais
(1829―1896)

イギリスの画家。サウサンプトンに生まれる。1840年、最年少の生徒としてロイヤル・アカデミー・スクールに入学。48年、ロセッティ、ハントらとともにラファエル前派を結成し、『イザベラ』(1849)、『両親の家のキリスト』(1850)、『オフィーリア』(1852)など初期の傑作を制作。53年、ロイヤル・アカデミーの准会員に選出されるとともに、グループを離れ、以後アカデミシャンの道を邁進(まいしん)することになる。また作風もしだいに通俗的でときに感傷性の強いものに変わっていった。肖像画家としても優れ、風景画や挿絵なども手がけた。96年、レイトン卿(きょう)の死去に伴ってロイヤル・アカデミーの会長に就任したが、まもなくロンドンで没した。

[谷田博行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミレイ(Sir John Everett Millais)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ミレイ(Sir John Everett Millais)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation