@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ミレトス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ミレトス
Milētos; Miletus
小アジア南西岸の古代ギリシアの都市。現トルコのサケイ南方に位置する。トルコ名バラト。居住年代はミノア文明にまでさかのぼると考えられる。ホメロスはアカイア人と戦ったカリア人の居住地と伝える。伝承によれば,ギリシア系都市としての創始者はピュロスのネレウスであった。エーゲ海沿岸,マイアンドロス河口に位置し,アナトリアの物資の輸出港として栄えた。東ギリシア最大の都市としてエジプトのナウクラテスをはじめとして,黒海沿岸などに 60以上の植民市 (アポイキア ) を建設。主要なものとして,アビドスキュジコス,シノペ,オルビアパンチカパイオンなどがある。前 499年頃にはイオニア諸都市の反乱を率いたが,ペルシアに敗北。ペルシア戦争後は,デロス同盟の一員となったが,前 412年に離反。前 334年アレクサンドロス3世 (大王) に征服された。その後,ヘレニズム諸王朝と友好を保ち,ローマ時代にはトラヤヌス帝治世まで,貿易港としての重要性を保っていたが,次第に港が土砂に浸食されるにつれて衰退し,6世紀頃には廃虚と化した。前5世紀以前には先進文化都市として,タレスアナクシマンドロスアナクシメネスヘカタイオスらのミレトス学派 (→イオニア学派 ) の哲学者を輩出し,前5世紀頃もアテネのピレウスの設計者ヒッポダモス,詩人チモテオス,ペリクレスの愛人アスパシアらが当地出身として有名である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ミレトス(Milētos/Μίλητος)
小アジアにあったイオニア人の都市国家。トルコ西部、メンデレス川の河口付近に位置し、エーゲ海に面する港があったが、現在は土砂の堆積により約15キロメートル内陸に位置する。紀元前7世紀以降、黒海沿岸に多くの植民都市を建設。前6世紀にはタレスアナクシマンドロスミレトス学派を生み、文化の中心となった。前2世紀よりローマ属州オスマン帝国時代に港として利用されたが後に放棄された。小アジア最大級の劇場、公衆浴場アゴラなどの遺跡がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ミレトス【Milētos】
小アジアのエーゲ海沿岸に建設された古代ギリシアのイオニア諸市の中で,最も南に位置した主要都市。伝説では最初クレタ人あるいはカリア人によって建設され,イオニア植民市としては,アテナイ王コドロスKodrosの子ネレウスNēleusがカリア人の手から奪取して,前11世紀に建設したという。前8世紀ころより海上交易を盛んに行い,前7~前6世紀に黒海沿岸とその付近にキュジコス,パンティカパイオン,オルビアなど多数の植民市を建設した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ミレトス
みれとす
Miletos

小アジア(現在のトルコ)西岸部、イオニア地方にあった古代ギリシアの代表的ポリス(都市国家)。英語名ミリータスMiletus。紀元前11世紀ごろ建設されたとされるが、前700年ごろまで初期の歴史は不明。前8~前6世紀の植民時代には、プロポンティス(現在のマルマラ海)、黒海沿岸に多数の植民市を建設し、エジプトにも進出してナウクラティス市に足場を築いている。当時のミレトスは、有名な羊毛織物の生産、またギリシア哲学や歴史・地誌学を創始したタレス、アナクシマンドロス、アナクシメネス、ヘカタイオスらミレトス学派の輩出によって、商工業の発達と精神文化の高揚が察せられる。政治的には前6世紀に隣国リディア、次にペルシアに屈したが、かなり優遇された状態にあった。内政ではトラシュブロス、ヒスティアイオス、アリスタゴラスなどの僭主(せんしゅ)が出現したが、アリスタゴラスがイオニア反乱(前499~前494)の張本人であった。結局反乱は失敗に終わり、以後往時の繁栄を回復することはなかった。のち強国の間にあって独立を維持したが、前129年以降ローマの属州都市となった。

[豊田和二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ミレトス
(Miletos) 古代イオニアの最強の都市国家。紀元前七世紀以降、黒海沿岸に多くの植民市を建設し、前六世紀にはミレトス学派を生み、文化の中心として繁栄した。前四九四年ペルシアに破壊されたが、再建後ヘレニズム‐ローマ時代には再び栄えた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ミレトス
Miletos
古代イオニア地方最大の都市国家(ポリス
ギリシア人の植民国家であるが,前8〜前6世紀には黒海沿岸などにその植民市を多く建設し,商業都市として栄えた。前6世紀半ばよりアケメネス朝(ペルシア)に支配され,のちイオニアのアケメネス朝に対する反乱の中心となって征服され(前494),ペルシア戦争の原因となった。戦後,再び栄えてデロス同盟にも加わった。ミレトスは,その商工業を背景にして,タレース・アナクシマンドロスらのいわゆるイオニア学派といわれる哲学者たちを生みだしたことでも有名。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミレトス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ミレトスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation