@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ミンゲチャウール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ミンゲチャウール
Mingechaur
アゼルバイジャン中部の都市。首都バクー西北西約 250kmにあり,クラ川にのぞむ。ミンゲチャウール水力発電所建設に伴って 1948年つくられた都市で,市の上流のクラ川には広大な人造湖が建設されている。繊維 (綿) ,電機,農業機械,住宅用パネルなどの工業がある。バクーとジョージアグルジア)の首都トビリシを結ぶ鉄道幹線からの支線が延びる。人口9万 900 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミンゲチャウール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ミンゲチャウールの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation