@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ムイッズ・アッダウラ

世界大百科事典 第2版

ムイッズ・アッダウラ【Mu‘izz al‐Dawla】
?‐967
ブワイフ朝イラクケルマーンを支配した最初の君主(在位,イラク945‐967,ケルマーン936‐949)。同朝を創設したダイラム人の3兄弟の末弟にあたる。本名はアフマド。ムイッズ・アッダウラとは,946年にアッバース朝カリフから授与された称号で,〈王朝の強化者〉の意。以後,彼は生涯大アミール(アミール・アルウマラー)の地位にあった。業績としては,奴隷軍の整備による支配権力の確立,軍事イクター制の施行,文人の保護による宮廷文化の発展などが挙げられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ムイッズ・アッダウラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ムイッズ・アッダウラの関連情報

関連キーワード

村上天皇村上天皇サイフ・アッダウラ村上天皇オットー2世ボレスラフ1世村上天皇冷泉天皇摂関政治村上天皇

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation