@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ムガル細密画【ムガルさいみつが】

世界大百科事典 第2版

ムガルさいみつが【ムガル細密画】
ペルシアの細密画として,インドムガル帝国宮廷で行われた細密画。主題は世俗的かつ現実的であり,描法は写実的で,同時期のラージプート絵画と著しい対照をみせている。その最初期は,ペルシアサファビー朝タブリーズ派画家が招かれ,多数の挿絵入り写本がもたらされて,もっぱらペルシア細密画の技法消化吸収した時代である。第3代皇帝アクバル(在位1556‐1605)のときには,インド人の画家がしだいに指導的地位につき,インド的傾向が強まってムガル絵画独自の様式が明瞭になった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ムガル細密画」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ムガル細密画の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation