@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ムササビ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ムササビ
Petaurista leucogenys; white-cheeked giant flying squirrel
齧歯目リス科。モモンガより大型で,体長 45cm内外,は長く 40cm内外,体重は 1kg近くになる。前肢後肢,後肢と尾のつけ根,頸部と前肢とをそれぞれ結ぶ皮膜をもち,それを広げて空中を滑空することができる。風を利用すると 200mぐらいを滑空するといわれる。背面黄褐色,腹面は白い。頬に淡色斑紋がある。夜行性で,木の,木の果実昆虫などを食べる。昼間樹洞などにひそむ。本州四国,九州に分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

ムササビ
リス科。手足についた飛膜を広げると40センチ四方になる。両手で葉を折りたたんで食べるため、左右対称の食痕が残る。グルルッといううなり声とともに闇夜を舞う姿から、かつては妖怪と恐れられた。
(2015-11-13 朝日新聞 朝刊 東京B・2地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

日本大百科全書(ニッポニカ)

ムササビ
むささび / 鼯鼠
white-cheeked giant flying squirrel
[学] Petaurista leucogenys

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目リス科の動物。前後肢の間に独特の飛膜をもち滑空する大形種である。飛膜は、体側から皮膚が伸びて体側と四肢の間、前肢と頬(ほお)の間、および後肢と尾の間に張ったもので、腹面、背面とも毛が生え、滑空時以外は体に引き込まれていて目だたない。体色は背面が褐色、腹面が白色。頬から目の上にかけてよく目だつ白斑(はくはん)がある。顔が丸みを帯びているほか、全体の印象はリスに似る。体長30~49センチメートル、尾長28~41.5センチメートル、体重1~1.5キログラム。北海道を除く日本各地と朝鮮半島、中国(四川(しせん)省、雲南省など)に分布する。別名をバンドリ、ヨブスマ、モマともいい、地域によってはモモンガと混同されている。大木の茂る神社の森などの洞をすみ場所とし、夜出て、木の芽、葉、果実などを食べる植物食性。普通30メートル、ときに150メートルを超える滑空を行い、地上に降りることなく、樹上のみで生活できる完全な樹上生活者となっている。動作は比較的緩慢であるが、前肢を器用に使って、木の枝先につく果実などを手繰り寄せることができる。ギー、あるいはキッ、キッ、キッという大きな鳴き声をしばしば発する。単独あるいは母子の小さな家族群で暮らし、繁殖は年に普通1回、1産1~2子を産む。台湾から東南アジアにかけて近縁の種が広く分布する。

[今泉吉晴]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムササビ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ムササビの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation