@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ムソルグスキー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ムソルグスキー
Musorgskii, Modest Petrovich
[生]1839.3.21. カレボ
[没]1881.3.28. ペテルブルグ
ロシアの作曲家。地主の子として生まれ,軍人を志して陸軍士官候補生となったが,1858年に退役。ミリ・バラキレフに師事し,ロシア国民楽派の「五人組」を結成。農奴解放による経済的打撃で 1863年より官吏となり,1865年の母の死後は,ひどい飲酒癖から健康を害しながらも作曲を続け,ピアノ曲,交響曲,オペラ,歌曲などを作曲。ロシア固有の旋法や大胆な和声,変則的なリズムを豊富に使った独自なスタイルは,印象派のドビュッシーをはじめ,近代音楽の作風に大きな影響を与えた。主作品はオペラ『ボリス・ゴドゥノフ』 (1874,ペテルブルグ初演) ,ピアノ組曲『展覧会の絵』 (1874) のほか,交響詩『はげ山の一夜』 (1867) ,歌曲集『子供部屋』 (1868) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ムソルグスキー(Modest Petrovich Musorgskiy)
[1839~1881]ロシアの作曲家。国民楽派五人組の一人。ロシア国民音楽の創造に尽力。作品に、オペラ「ボリス=ゴドノフ」、ピアノ組曲「展覧会の絵」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)

ムソルグスキー
ロシアの作曲家。バラキレフ、キュイ、リムスキー=コルサコフ、ボロディンと共にロシア国民楽派の「五人組」に名を連ねている。ピアノ作品では、《展覧会の絵》がよく知られている。
古い貴族の家系に生まれ、 ...続き

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

世界大百科事典 第2版

ムソルグスキー【Modest Petrovich Musorgskii】
1839‐81
ロシア国民楽派の作曲家。ロシア西部の村で地主の末子に生まれた。幼年時代はいなかで過ごしたが,母にピアノを習い上達した。1849年ペテルブルグの中学校に入るとともに,当時一流のピアニストアントン・ゲルケに師事した。52年に近衛士官学校に入り,56年卒業と同時にプレオブラジェンスキー近衛連隊に配属になった。ピアノのレッスンは54年にやめたが,目だった進歩を示した。音楽理論はまったく習わなかったが,作曲をしばしば試みた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ムソルグスキー
むそるぐすきー
Модест Петрович Мусоргский/Modest Petrovich Musorgskiy
(1839―1881)

ロシアの作曲家。バラキレフ、キュイ、リムスキー・コルサコフ、ボロディンとともにロシア国民楽派の「五人組」の一人に数えられる。プスコフ地方に広大な領地を所有する貴族の家に3月21日に生まれる。6歳から母にピアノの手ほどきを受け、早くも9歳でフィールドの協奏曲を聴衆の前で演奏した。1849~54年A・ゲルケにピアノを師事する一方、52年ペテルブルグの陸軍士官学校に進学。このころから独学で作曲を始めるが、士官学校の合唱団に加わり、指揮者で神学の教官であったクルプスキーからロシアの教会音楽について啓発された。56年に士官学校を卒業し、近衛(このえ)連隊の士官になる。このころ作曲家ボロディンと出会い、また翌年にはダルゴムイシスキーとキュイの知遇を得た。さらに彼らを通してバラキレフの指導を受けるようになり、58年音楽に専念するために軍務から退く。60年には、ピアノのためのスケルツォ変ロ長調の管弦楽用編曲が、新たに設立されたロシア音楽協会の演奏会で取り上げられた。しかし61年の農奴解放の実施により彼の家も大きな打撃を受け、経済的安定を得るために63年から官吏となる。この間チェルヌィシェフスキーらの進歩思想に共鳴して農民に同情的な行動をとったことは、「芸術はそれ自身が目的ではなく、人々と語り合うための手段である」という彼の芸術信条にも反映している。

 この芸術信条を確立した1864年以降はネクラーソフの詩による『カリストラートゥシュカ』(1864)をはじめリアリズムに立脚した一連の歌曲を発表、またダルゴムイシスキーの開拓した新しい朗唱様式を用いてゴーゴリの喜劇に基づくオペラ『結婚』(1868。未完)の第1幕を書き上げた。「五人組」の他の作曲家たちはこのオペラに賛同しなかったが、グループの理論的指導者である評論家のスターソフだけは強い関心を示し、彼の支持と助言でオペラ『ボリス・ゴドゥノフ』が成立した。プーシキンの戯曲をもとにしたこの作品は69年に完成、マリンスキー劇場に提出されたが上演を拒否され、71~72年に改訂版が書き上げられた。そしてさまざまな障害を越えて74年に全曲上演され、大成功を収めた。続いてやはりスターソフの助言で別の歴史オペラ『ホバンシチーナ』やゴーゴリの短編に基づく『ソロチンスクの市』に手を染めたが、2曲とも生前には完成されなかった。このほか、74年には友人の画家V・ハルトマンの遺作展覧会の印象を描いたピアノ組曲『展覧会の絵』や歌曲集『日の光もなく』が作曲され、75~77年には歌曲集『死の歌と踊り』が書かれるなど、創作力の最後の高まりがみられる。しかしこのころから、仲間のキュイやリムスキー・コルサコフとは別の方向をとるようになり、79年には歌手レオノーワのピアノ伴奏者としてロシア国内を演奏旅行したが、翌年にはアルコール中毒による精神錯乱をおこし、廃人のようになって81年3月28日ペテルブルグに没した。

 ムソルグスキーのもっとも優れた業績は、前記の芸術信条に暗示されているように、ことばと結合したオペラと独唱歌曲の領域にみられる。そして形式面での美しさや技法的洗練を軽蔑(けいべつ)し、全音音階や大胆な和声を用いたが、それらはフランスのドビュッシーの印象主義の音楽に少なからぬ影響を与えることになった。また、人々の会話を音楽で再現する方法を探求し、叙情的ではあるがことばの抑揚に忠実な朗唱様式を確立した。

[寺本まり子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ムソルグスキー
(Modjest Pjetrovič Musorgskij モデスト=ペトロビチ━) ロシアの作曲家。ロシア国民楽派のバラキレフ・ボロディンなどと五人組を形成。ピアノ組曲「展覧会の絵」、オペラ「ボリス=ゴドゥノフ」、交響詩「禿山の一夜」などを作曲。(一八三九‐八一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ムソルグスキー
Modest Petrovich Musorgskiy
1839〜81
ロシアの作曲家
ロシア国民楽派“五人組”のひとりで,その中でも最もロシア的なリアリズムを完成。おもな作品として,オペラ「ボリス=ゴドノフ」,交響詩「はげ山の一夜」,ピアノ組曲「展覧会の絵」などが有名。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムソルグスキー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ムソルグスキーの関連情報

関連キーワード

タンジマートオブレノビチ家ショパン高野長英ポー(Edgar Allan Poe)ショパンタンジマートジョイナーデグロンバスチャン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation