@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ムハンマド・ゴーリー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ムハンマド・ゴーリー
Muhammad Ghūrī
[生]1172/1173
[没]1206
アフガニスタンのゴール地方のムハンマド家 13代目当主。初めはシハブ・ウッディーン (次にはムイッズ・ウッディーン) ・ムハンマドといった。兄のシャムス・ウッディーン (ギヤス・ウッディーン) とともにガズニー朝を滅ぼし,地方政権を糾合してゴール朝の最盛期を画した。によってガズニースルタンとして任命されて以後は,ここを根拠地としておもに北インド経略を目指した。 1202/3年には兄の位を継いだ。みずからスンニー (正統) 派イスラム教徒をもって認じ,デリーも掌握したが,パンジャブ遠征の帰途イスマーイール派によってインダス河畔で殺された。以後ゴール朝は衰退した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムハンマド・ゴーリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ムハンマド・ゴーリーの関連情報

関連キーワード

チンギス・ハン藤原育子ヘンリー2世明恵明恵明恵紀州遺跡率都婆高弁宋の時代(年表)成吉思汗

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation