@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ムハンマド

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ムハンマド
Muḥammad
[生]570頃. メッカ
[没]632.6.8. メジナ
イスラム教の創始者。正式には Abū al-Qāsim Muḥammad ibn `Abd Allāh ibn `Abd al-Muṭṭalib ibn Hāshim。マホメットともいう。メッカの有力な氏族ハーシム家クライシ族の支派)出身。前半生についての正確なところはほとんど知られていない。幼くして両親と死別し,貧困のうちに羊飼いや隊商として働いたという。25歳で年長の寡婦ハディージャと結婚,幸福な家庭生活を得た。その後メッカ近郊の山中にこもり瞑想と祈りに入ることを習慣としていたが,610年ヒラー山上で修行中アッラーからの啓示を受け,のちにアッラーの使徒であることを確信して 613年頃からアッラーの啓示を伝え始めた。貧者,奴隷たちを中心に信者を獲得したが,メッカの支配階級に迫害され,622年信徒とともにヤスリブ(→メジナ)に脱出,これをヒジュラ(ヘジラ)と呼び,のちにこの年をイスラム暦元年とした。ムハンマドはこの地を本拠に一つの宗教共同体を形成した。ここで「アッラーの名のもとに」戦闘的布教を開始し,630年にはメッカを,次いで全アラビアを征服し,栄光のうちに没した。最後の預言者としてムハンマドが伝えた神の啓示は『コーラン』にまとめられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

ムハンマド
アラビア半島の町メッカの商人の息子として生まれた。イスラム教では、モーセイエスといった一連の預言者の系列で「最後の預言者」と位置づけられる。ムハンマドに下された啓示は後にイスラムの聖典コーランとして集成された。
(2006-02-06 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ムハンマド(Muḥammad)
[570ごろ~632]イスラム教の創唱者。メッカに生まれ、神アッラーの啓示を受けて伝道を始める。厳格な一神教を唱え、偶像を厳しく否定したため迫害を受け、622年にメジナに移り(ヒジュラ)、イスラム教団発展の基礎を確立。630年メッカ征服の後、勢力はアラビア半島全域に広まった。「マホメット」は訛(なま)り。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ムハンマド【Muḥammad】
570ころ‐632
イスラムを説いた預言者。日本ではマホメットと呼ばれる場合が多い。コーランでは彼は,〈神の使徒rasūl Allāh〉〈預言者nabī’〉〈警告者nadhīr〉などの語で呼ばれ,アブラハム,モーセ,イエスなど一連の預言者の系列において〈最後の預言者khātam al‐nabīyīn〉と位置づけられている。 イスラム教徒とその社会にとって,日常生活から国家の政治に至るまで,神の意志が絶対のものとされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

20世紀西洋人名事典

ムハンマド


モハメドをも見よ。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ムハンマド
生年月日:570年8月29日
イスラム教の創始者
632年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ムハンマド
Muhammad
570ごろ〜632
イスラームの開祖。英語読みではマホメット
クライシュ族の出身。孤児として貧窮の生活を送ったが,長じて年長の富裕な未亡人ハディーシャと結婚した。隊商に加わって各地に旅し,その間にキリスト教・ユダヤ教の影響を受けたらしい。40歳ごろアッラー(神)の啓示を受け,その預言者として布教を開始した。しかし,メッカの上層商業貴族の迫害を受けて,622年メディナに移り(聖遷〈ヒジュラ〉),ここで政教一致イスラーム国家建設を唱えて勢力をたくわえ,630年メッカを占領,ついでアラビア半島の大部分を征服したが,シリア遠征の途中死んだ。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ムハンマド
(Muḥammad) ⇒マホメット

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムハンマド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ムハンマドの関連情報

関連キーワード

瑕疵担保責任エドウィンイスラム帝国紀年法イスラム教クレイステネス[シキュオン]

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation