@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ムハージルーン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ムハージルーン
muhājirūn
「移住者」を意味するアラビア語ムハージル muhājirの複数形。 622年預言者ムハンマドに従ってメッカからメジナに移住 (→ヒジュラ ) した 70名余が,ムハージルーンと呼ばれ,歴史上の用語となった。このときメジナの住民でムハンマドとムハージルーンを受入れ援助した人々をアンサールといい,ムハージルーンとアンサールが勃興期のイスラム国家の構成員となった。その後,メッカからの移住者,アビシニア (エチオピア) に移住していた初期の信徒,近隣のアラブ諸族からの移住者もムハージルーンとしてメジナ社会に定着し,ムハンマドの晩年にはムハージルーンは 1000名をこえた。ムハンマドの死後,イスラム国家の指導権をめぐってアンサールとムハージルーンが対立する一幕もあったが,結局ムハージルーンが指導権を握り,初代から第4代までの正統カリフはムハージルーンの間から選ばれた。大征服時代,各地に建設された軍事都市 (→ミスル ) に移住した人々もムハージルーンと呼ばれ,アラビア半島で遊牧生活をしていたアラブが,戦士としてミスルに定着するようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ムハージルーン【muhājirūn】
〈移住者〉を意味するアラビア語。従来の血縁地縁から離れ神の道にヒジュラ(移住)を行った人々をいう。622年の預言者ムハンマドのヒジュラ前後にメッカからメディナに移住した70余名の成年男子とその家族が最初のムハージルーンである。メディナにおけるムハンマドの支持者であるアンサールとともに形成期のイスラム教団国家の中核であった。その生計は,当初,アンサールに頼っていた。ヒジュラ後4年,ユダヤ教徒ナディール部族をメディナから追放し,彼らのナツメヤシ農園分配を受けた後は,最初のムハージルーンはメディナの中流以上の資産家になった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ムハージルーン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ムハージルーンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation