@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ムベ

世界大百科事典 第2版

ムベ【Stauntonia hexaphylla (Thunb.) Decne.】
大きな果実をつけるアケビ科のつる性木本(イラスト)。常緑なのでトキワアケビの名もある。葉は互生し,3~7枚の小葉からなる掌状複葉。小葉は楕円形~倒卵形。春,総状花序に白い花をつける。花は単性,雌雄同株。萼片6枚,花弁はなく,雄花では6本のおしべが花糸のところでくっついている。その内側に退化しためしべが3本ある。雌花では3本のめしべの外側に退化したおしべがある。めしべには多数の胚珠が入っている。果実は紅紫色に熟すがアケビのようには開かない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ムベ
むべ / 野木瓜
[学] Stauntonia hexaphylla (Thunb.) Decne.

アケビ科(APG分類:アケビ科)の常緑藤本(とうほん)(つる植物)。トキワアケビ、ウベともいう。葉は互生し、3~7小葉からなる掌状複葉。托葉(たくよう)はない。雌雄同株。4~5月、総状花序をつくり、単性の白色花を3~7個開く。萼片(がくへん)は6枚で半開する。花弁はなく、雄花は6本の雄しべが花糸の部分で合着する。雌花は6本の仮雄蕊(かゆうずい)と3枚の心皮がある。果実は大きく、紅紫色に熟すが、裂開しない。中に黒くつやのある種子が多数ある。山野に普通に生え、関東地方以西の本州から沖縄、および朝鮮半島、台湾に分布する。果肉は甘く食用となり、根、茎は利尿薬とする。樹は生け垣、盆栽に用いることがある。

[寺林 進 2019年9月17日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムベ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ムベの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation