@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ムラサキ(紫)【ムラサキ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ムラサキ(紫)
ムラサキ
Lithospermum erythrorhizon
ムラサキ科の多年草で,東アジアの温帯に分布する。日当りのよい乾燥した草原山地に生え,日本ではほぼ全域に自生する。かつては武蔵野の代表的な野草でもあった。は直立して高さ 30~70cmとなり,根は太くて乾くと濃紫色となる。茎と葉には長い粗毛があり,葉は互生し無柄で長さ4~6cmの披針形である。6~7月に,葉状の包葉の間に短い穂状の花序を出し,白色の小花を数個つける。は5深裂し,花弁は5裂して平らに開き,径4~5mmで花筒の上部に5個の鱗片がある。果実は灰白色光沢があり小さい。根は古くから皮膚病薬や紫色の染料として用いられ,現在でも栽培されることがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ムラサキ【ムラサキ(紫) Lithospermum officinale L.ssp.erythrorhizon (Sieb.et Zucc.) Hand.‐Mazz.】
乾燥した草原に生えるムラサキ科の多年草(イラスト)。古くから栽培され万葉集にも歌われている。茎は直立し,高さ40~90cm。葉は無柄で互生し,長さ3~7cm,幅1~2cm,茎とともに粗い毛がある。花は白色で6~7月に咲き,カタツムリ状花序の下方から上方へ咲き進む。開花がすすむのにともなって,花序の軸は伸長し直立する。花筒は長さ約6mm,先端は5裂して平開する。萼筒は5深裂する。子房は4全裂し,花後四つの分果となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ムラサキ(紫)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ムラサキ(紫)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation