@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ムラサキイガイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ムラサキイガイ
Mytilus edulis; blue mussel; common mussel
軟体動物門二枚貝綱イガイ科。殻長 9cm,殻高 5cm,殻幅 3.5cm。殻はやや薄質,長卵形で殻頂のほうへ細まる。殻表は黒青色,腹側は褐色を帯びる。内面は青白色。腹縁の狭いすきまから足糸を出して地物に付着する。ヨーロッパ原産であるが,世界各地に広がり,日本では 1926年に兵庫県明石市二見で発見されたのが最初である。産卵期は 12月~4月で,1回に約 1200万粒の卵を産む。1年で成熟し,2年で 9cmほどになる。商品名をムールガイといい,特にフランスやスペインなど南ヨーロッパで食用に供され,賞味されている。 (→二枚貝類 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

ムラサキイガイ
海産の二枚貝で、貝殻は黒紫色。殻の幅は10センチほどになる。沿岸の岩やコンクリート護岸などに付着して暮らす。原産地は地中海。日本には1920~30年代に侵入したとみられ、船のバラスト水とともに幼生が運ばれたり、船底に付着したりして広がったと考えられている。ムラサキイガイやその仲間を採取して海の汚染を調べる手法は「マッセル・ウオッチ」と呼ばれ、海外でも環境モニタリングに活用されている。
(2013-12-12 朝日新聞 朝刊 茨城全県 2地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

日本大百科全書(ニッポニカ)

ムラサキイガイ
むらさきいがい / 紫貽貝
blue mussel
common mussel
[学] Mytilus edulis

軟体動物門二枚貝綱イガイ科の二枚貝。ヨーロッパ原産であるが、世界各地に広がり、日本には1926年(大正15)ごろからみられ、35年(昭和10)に神戸港産が報告された。現在では全国の内湾の潮間帯の岩礁や養殖筏(いかだ)などに付着する。とくに火力発電所などの取水口をふさぐため、養殖場や海浜工業には害敵である。殻長90ミリ、殻高50ミリ、殻幅35ミリに達し、長卵形で前方の殻頂のほうへ細くなる。イガイに似ているが、殻は薄質で、殻表は黒色、腹側は褐色を帯び、光沢がある。腹側の狭いすきまから足糸が出る。内面は青白色。肉は食用とされ、フランス料理ではムールガイ(ほかにチレニアイガイM. galloprovincialisをもムールガイという)の名でよばれる。ヨーロッパでは養殖もされている。

[奥谷喬司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムラサキイガイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ムラサキイガイの関連情報

関連キーワード

キャンバス狭骨盤ウラベニイグチ(裏紅猪口)モデュールアカガイ(赤貝)アカテツアトリアナジャコアマガイウミグモ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation