@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ムラート

デジタル大辞泉

ムラート(〈スペイン〉mulato)
ラテンアメリカで、白人黒人との混血者。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ムラート【mulato[スペイン]】
白人と黒人の間に生まれた混血児。とくにブラジル北東部の人種構成において重要。現在のブラジルの場合,パルド(褐色系)と分類されることが多く,社会的に進出している。奴隷制期のカリブ海域にも存在した民族分類である。植民地時代のメキシコでもムラートと名の付く多くの肌の色の分類があったが,独立期に混血が進むにつれて消え,現在では黒人的な人口はベラクルス州やゲレロ州の海岸部にわずかに認められるにすぎない。メスティソ【黒田 悦子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ムラート
むらーと
mulat(t)o

アメリカ大陸におけるヨーロッパ系白人と黒人の混血をよぶ。16世紀のなかば以来、征服者であるヨーロッパ系白人(主としてポルトガル人)、奴隷やプランテーション労働者として連れてこられたアフリカ系黒人、それに土着のインディオの間で混血が進んできた。こうした混血者の増加と、混血タイプの複雑な分岐は、白人、インディオ、黒人というカテゴリーのほかに、さまざまな名称体系(カスタの分類体系)を生み出した。ことにメキシコやペルーではムラートをはじめとする細かいカスタの分類が記録されており、どこまで実際に用いられたかはともかく、19世紀前半まで存続したという。ただしムラートは、ブラジルではムラットとよび、白人と黒人の混血をさす。身体的特徴としては、中背、中頭、狭鼻、黒色あるいは褐色の瞳(ひとみ)、厚い口唇があげられる。頭髪は黒人に似て縮れてはいるものの、まっすぐにすることは可能であり、皮膚の色も明褐色から暗褐色と、その幅は広い。これは混血の度合いや地域性などの要素と関係しており、明色系ムラットと暗色系ムラットとに分ける研究者もいる。

 ブラジルの場合、こうした混血種を含めて、各人種が社会的、経済的に同質の集団として上下関係をもって位置づけられてはおらず、総人口の20%以上を占めるムラットが、いわゆる上層階級で活躍することもまれではない。これが、ブラジルが自国を人種上の民主主義を実践している国と誇っている理由でもあるが、しかし、まったく人種的偏見がないというわけではない。黒人活動家を中心に、ムラットと黒人の区別は、過去において白人が単に皮膚の色を基準につくりあげた区別であって、人種的識別に基づいたものではないという議論が高まっていることも忘れてはならない。

[関 雄二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ムラート
〘名〙 (mulato) ラテンアメリカにおける白人と黒人との混血者。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ムラート
mulattos
ラテンアメリカにおける白人と黒人との混血
スペイン語でラバロバと馬の雑種)を意味する語に由来。16〜17世紀は白人植民者(男性)と黒人奴隷(女性)の間に生まれてくるのが一般的であった。しかし,その後ラテンアメリカで混血の進行が急速かつ広範に進んだため,かなり幅広く中間層を含む用語となった。ブラジルやカリブ海諸島でムラートの比率が高い。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ムラート
ムラット」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムラート」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ムラートの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation