@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ムルナウ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ムルナウ
Murnau, Friedrich Wilhelm
[生]1889.12.28. ビーレフェルト
[没]1931.3.11. カリフォルニア
ドイツの映画監督。 F.ラングと並び無声映画時代を代表した。 1927年渡米。『吸血鬼ノスフェラトゥ』 Nosferatu-Eine Symphonie des Grauens (1922) など神秘的な作品のほか,無字幕映画『最後の人』 Der Letzte Mann (24) ,アメリカでの『サンライズ』 Sunrise (27) が傑作として名高い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ムルナウ(Friedrich Wilhelm Murnau)
[1888~1931]ドイツ映画監督サイレント映画時代の巨匠で、表現主義映画の代表者の一人。ドラキュラ伝説を扱った「吸血鬼ノスフェラトゥ」は、幻想映画の傑作とされる。他に「ジキル博士とハイド氏」「ファントム」「最後の人」「サンライズ」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ムルナウ【Friedrich Wilhelm Murnau】
1888‐1931
ドイツの映画監督。フリッツ・ラングとともに〈表現主義の映画〉のもっとも重要な監督とみなされる。ドイツ西部のビーレフェルトに生まれ,ハイデルベルク大学で美術史と文学史を学んだのちベルリンへ出て,演劇界の重鎮マックス・ラインハルトのもとで俳優,演出助手として指導をうける。第1次世界大戦に戦闘機のパイロットとして従軍するが,スイスに不時着して,戦争終結までベルンのドイツ大使館の宣伝映画製作に従事した。 戦後,ドイツに帰って1919年に監督としてスタート,イギリスの作家ブラム・ストーカーの小説《吸血鬼ドラキュラ》(1897)を映画化した《ノスフェラトゥ》(1922)で,様式化されたセットを使わずにロケーションで恐怖と怪奇感を描きだし,異色の表現主義映画として世界に衝撃をあたえた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ムルナウ【Friedrich Wilhelm Murnau】
1888~1931) ドイツの映画監督。マックス=ラインハルトに師事して舞台俳優として活躍したが、映画界に転身。表現主義の影響を受けた「ジキル博士とハイド氏」「ファントム」などを撮った後、サイレント映画の傑作「最後の人」を発表。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ムルナウ
むるなう
Friedrich Wilhelm Murnau
(1888―1931)
ドイツの映画監督。本名はF・W・プルンペ。ビーレフェルトに生まれる。ハイデルベルク大学で美術史を学び、ラインハルトの下で俳優を経験。第一次世界大戦下のスイスで宣伝映画の仕事に携わり、1919年にドイツ映画界に入る。表現主義的手法で一連の秀作を生み、1922年に野外撮影を駆使した『吸血鬼ノスフェラトゥ』を発表、ドラキュラ伝説を映画化したこの作品は、幻想映画の傑作となる。ついで老ドアマンの悲劇を描いた『最後の人』(1924)は、無字幕映画でありながら、自由に移動するカメラが主人公の心理を活写し、サイレント映画史上画期的な作品となった。1927年に渡米。都会の誘惑と農村社会の危機を題材にした『サンライズ』(1927)を発表、流麗なカメラワークによる情景描写が絶賛される。その後、ロバート・フラハーティとの共作『タブウ』(1931)を信念の相違から独自に完成させるが、封切り直前にカリフォルニアで自動車事故死した。[奥村 賢]

資料 監督作品一覧

サタン Satanas(1919)
ジェキル博士とハイド氏 Der Januskopf(1920)
フォーゲルエート城 Schlo Vogeld(1921)
吸血鬼ノスフェラトゥ Nosferatu, eine Symphonie des Grauens(1922)
燃ゆる大地 Der brennende Acker(1922)
ファントム Phantom(1922)
最後の人 Der Letzte Mann(1924)
タルテュッフ Herr Tartff(1925)
ファウスト Faust(1926)
サンライズ Sunrise(1927)
四人の悪魔 4 Devils(1928)
都会の女 City Girl(1930)
タブウ[ロバート・フラハーティとの共同監督] Tabu(1931)

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムルナウ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ムルナウの関連情報

関連キーワード

森鴎外内閣総理大臣饗庭篁村黒田清隆内閣ゴッホ嵯峨の屋お室スベルドラップ(Johan Sverdrup)広島(市)森有礼我楽多文庫

他サービスで検索

「ムルナウ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation