@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ムワンザ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ムワンザ
Mwanza
タンザニア北西部の町。ムワンザ州州都ビクトリア湖南岸にのぞむ。湖上運輸の主要港の一つで,ダルエスサラームと鉄道で結ばれ,同州主産の綿花キャッサバ,米,サツマイモ,淡水魚などの集散が行われる。郊外は同国社会主義の典型であるウジャマー (スワヒリ語で「友愛」の) と呼ばれる村落共同体原点となった協同組合が早くから発展したところ。国内航空の空港がある。人口 22万 3013 (1988) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ムワンザ(Mwanza)
タンザニア北西部の都市。ムワンザ州の州都。ビクトリア湖南岸に位置する。湖上交通の要地であり、ダルエスサラームと鉄道で結ばれる。同国第二の規模をもつ。ナイルパーチ漁をはじめとする漁業が盛んであり、綿花、ラッカセイ集散地になっている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ムワンザ
むわんざ
Mwanza

東アフリカ、タンザニア北西部、ムワンザ地方の中心都市。人口29万1400(2002推計)。ビクトリア湖の南岸に位置する湖上交通の要所で、ウガンダやケニアとも結ばれる。またインド洋岸のダルエス・サラームから延びる鉄道の終点でもある。付近で栽培される綿花、ラッカセイなどの積み出しを行うなど、経済の中心的機能を果たしている。

[赤阪 賢]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムワンザ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ムワンザの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation