@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ムーンストーン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ムーンストーン
moonstone
長石。薄青,乳白色,灰乳白色,薄茶色半透明アルカリ長石。特定の方向に青みを帯びた輝きを発する長石グループの宝石。この輝きは微ペルト組織あるいは隠ペルト組織 (正長石曹長石の薄層が交互に配列する長石の組織) によるもので硬度6,比重 2.55,屈折率 1.548。カボッション・カット底面に薄層面が平行になるようにカットすると,美しい閃光が現れ,装飾として用いられる。インド,スリランカマダガスカルミャンマー主産地。日本では新潟で産出する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ムーンストーン【moonstone】
長石類宝石の代表的なもの。半透明の乳白色の石の曲面に,特有の青白い微光を発する特徴がある。その光が,あたかも青い月の光を連想させるので,ムーンストーン(月長石)の名がある。モース硬度6,比重2.56~2.59,屈折率1.520~1.528である。この光の効果の原因は,正長石KAlSi3O8アルバイトNaAlSi3O8の2種類の長石の薄層が,交互に積み重なった層状組織によって生じる光の干渉と,内部反射作用とによるものと考えられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ムーンストーン
むーんすとーん
moonstone

月長石ともいい、乳白色の地に白ないし青い真珠光のような閃光(せんこう)を出すカリ長石の一種で、正長石やアノーソクレースであることが多い。この輝きは、カリ長石中に、非常に微細な葉片状のナトリウムに富む斜長石がかなり規則正しくいくつも連晶しているためおこる。つまり、カリ長石の中が一種の格子縞(じま)のようになっているので、光の干渉が生じて独特の色を出すのである。そのため、宝石として使うためには、光の干渉をおこす特定の方向でカボション形に磨く必要がある。スリランカ、ミャンマー(ビルマ)などのペグマタイトから産出するものが有名。硬度が低く、希少性に乏しいため宝石としての価値はあまりない。わが国では、長野県青木湖畔などからアノーソクレース質のムーンストーンが産出するが、小さいので装飾用にはならない。ムーンストーンを同じような真珠光を放つ斜長石に使うこともある。とくに、ペリスター石peristeriteとよばれるナトリウムに富む斜長石で、その内部がナトリウムに富む部分とカルシウムに富む部分が微細な連晶をしているようなものはよく閃光を出す。

[松原 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ムーン‐ストーン
〘名〙 (moonstone) =げっちょうせき(月長石)
※どぜう地獄(1924)〈岡本一平〉二二「白魚(しらうを)が印度産の月光石(ムーンストン)のやうな透明さと光沢を帯びて舟に入ってる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ムーンストーン(moonstone)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムーンストーン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ムーンストーンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation