@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メアリー(1世)【めありー】

日本大百科全書(ニッポニカ)

メアリー(1世)
めありー
Mary
(1516―1558)
イギリス女王(在位1553~58)。メアリー・チューダーともいう。ヘンリー8世とその最初の王妃キャサリンとの子。幼時すでにフランス王家とハプスブルク王家から婚約申し出を受けるという恵まれた地位にあったが、母后の離婚問題を契機として状況は一変、自身の嫡出でないことを認めさせられ、苦悩の生活を余儀なくされた。1544年王位継承の資格を回復したが、異母弟のエドワード6世治下ではしばしば亡命を意図するほどであった。エドワードの早世後ノーサンバーランド公の企てを排して即位(1553)、翌年反対を抑えてスペインの皇太子フェリペ(後の2世)と結婚。また父王の政策を否定して旧教会を復活、これに伴う迫害が「血なまぐさいメアリー」Bloody Maryとの悪名を残すこととなる。フェリペの滞英は1年にすぎなかったが、女王は夫に強いられてスペインの対フランス戦争に参加、結局カレーを奪われて憂悶(ゆうもん)のうちに死去した。[植村雅彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メアリー(1世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メアリー(1世)の関連情報

関連キーワード

川中島の戦いエドワード川中島の戦グレーチューダー朝メアリー1世宝蔵院流槍術尼子勝久アンリ今川仮名目録

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation