@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メアリー

デジタル大辞泉

メアリー(Mary)
英国の女王。
(1世)[1516~1558]在位1553~1558。ヘンリー8世キャサリンの子。スペイン王フェリペ2世と結婚、旧教の復活を進め新教徒を迫害したので「血のメアリー」とあだ名された。
(2世)[1662~1694]在位1689~1694。ジェームズ2世長女。オレンジ公ウィリアム(ウィリアム3世)と結婚してオランダに渡ったが、名誉革命後、英国王に迎えられ、夫とともに共同統治した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

メアリー
2000年に台風委員会により制定された台風の国際名のひとつ。台風番号、第115号。北朝鮮による命名。「やまびこ」を意味する。2004年に発生した台風21号は、がけ崩れや土石流などによる死者25名の被害をもたらした。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

メアリー
(Mary) イギリスの女王。
[一] (一世) ヘンリー八世と最初の妃キャサリンの子(在位一五五三‐五八)。旧教復帰政策をかかげて、新教徒を迫害。スペイン皇太子(のちのフェリペ二世)と結婚。フランスとの戦争にまきこまれて大陸における最後の拠点カレーを失った。(一五一六‐五八
[二] (二世) ジェームズ二世の娘(在位一六八九‐九四)。オレンジ公ウィリアム(ウィリアム三世)と結婚。名誉革命により夫とともに即位して共同統治し、議会政治の優位を確認してイギリス立憲君主制の基礎を置いた。(一六六二‐九四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メアリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メアリーの関連情報

関連キーワード

ピネンウラディスラフ2世ヤゲロウェツフェルナンド2世(カトリック王)アニケツスピウス1世回復登記イオン結晶静岡(県)修学旅行専用電車自己株式

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation