@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メガラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メガラ
Megara
ギリシア神話の女性。テーベクレオンの娘で,ヘラクレスの最初の妻となり,子宝にも恵まれたが,ヘラの送った狂気に取りつかれたヘラクレスに,子供たちを皆殺しにされてしまった。一伝では彼女もこのとき,夫の手にかかって死んだが,生返り,12の功業を終えテーベに帰ったヘラクレスによって,甥イオラオスに妻として与えられたという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メガラ
Megara
コリント地峡にのぞむ古代ギリシアの都市。サロニカ湾岸に良港を備え,またペロポネソスと中部ギリシアの連絡地点としても重要性をもった。初期の住民はドーリス人の侵入 (前 1100頃~1000頃) によって滅ぼされ,前8世紀頃シチリア島の東岸,南西岸およびマルマラ海域などに植民した。植民市 (→アポイキア ) カルケドンビザンチオンは最も重要であり,さらに小アジアの北西岸,クリミアにも植民した。前7世紀中頃から隣国アテネと抗争し,サラミス島を失い,ペロポネソス戦争中アテネに占拠されたが,アクロポリスは陥落しなかった。前4世紀には繁栄を回復したが政治的には重要ではなかった。ソフィストエウクレイデスの生地で,彼の創建したメガラ派の哲学はストア哲学に影響を与えた。現在のメガラは古代都市のアクロポリスに使用された2つの丘陵の南斜面に位置している。人口2万 6562 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

メガラ(Megara)
古代ギリシャ、メガリス地方の中心的都市国家。交通の要衝コリント地峡に位置し、前8世紀にはシチリア・黒海沿岸などに植民市を作って繁栄したが、前7世紀以降、内紛によって衰退

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めがら【メガラ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

メガラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メガラの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation