@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メガロポリス(巨帯都市)【めがろぽりす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

メガロポリス(巨帯都市)
めがろぽりす
megalopolis

巨帯都市ともいう。地理学者ゴットマンJ. Gottmann(1915―94)が1957年、アメリカ合衆国北東臨海部のボストンからニューヨーク、フィラデルフィアを経てワシントンに至る超大都市圏的な巨大な都市化地帯を全体としてこの名称でよんだことが始まりで、当初はこの地域のみの呼び名であった。やがて同様の巨大都市化地帯、すなわちいくつかの巨大都市圏を包含する連接的・多核的都市化地帯で、交通通信網によって密接に結ばれて機能的に一体化している地域、そして人口と経済力の集中によって国内経済の中枢となり、また国際的影響力をも発揮している地域を一般的にメガロポリスとよぶようになった。日本の首都圏から中京圏を経て阪神圏に至る東海道メガロポリス、ドイツ北部ルール地方からオランダ、ベルギーを経て北フランス・パリ地方に至るヨーロッパ・メガロポリス、ロンドンからバーミンガムを経てランカシャー地方に至るイギリス・メガロポリスなどがその例である。巨大都市(mega-polis,giant city)と混同されることがあるが、メガロポリスは前述のようにゴットマンの一種の造語であり、近代の大規模な都市化地帯を表す概念としてはこのほうが適切なものとして一般化した。なお、似た用語として古くからメトロポリスがあるが、これは一国または一地域の首都的、中心地的機能を有する都市というにとどまる。

[高野史男]

『J・ゴットマン著、木内信蔵・石水照雄訳『SD選書 メガロポリス』(1983・鹿島出版会)』『森川洋著『都市化と都市システム』(1990・大明堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メガロポリス(巨帯都市)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メガロポリス(巨帯都市)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation