@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メギ

世界大百科事典 第2版

メギ【(Japanese) barberry】
メギ科の落葉低木(イラスト)。鋭いとげがあるので,コトリトマラズ,ヨロイドオシなどの名もある。高さ1~4m,幹には縦にがある。とげは葉が変形したもの。葉は全縁で短枝に集中してつき,単葉だが,複葉起源と考えられている。托葉はない。枝から垂れ下がった花序は散形状の集散花序。花期は4月。花は黄色で6枚の萼片,6枚の花弁,6本のおしべ,1本のめしべからなる。花弁の基部には2個の蜜腺がある。おしべの花糸は触れるとめしべ側へ傾く。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

メギ
めぎ / 目木
[学]Berberis thunbergii DC.
メギ科(APG分類:メギ科)の落葉低木。枝は長枝と短枝があり、短枝に葉を束生する。葉は互生し、小形のへら形で全縁。長枝の葉は刺(とげ)に変形する。4~5月、散形状の集散花序をつくり、黄色花を開く。萼片(がくへん)は6枚、花弁は6枚で2個の蜜腺(みつせん)がある。雄しべは6本、葯(やく)は弁開する。刺激を与えると、花糸は雌しべ側へ傾く。雌しべは1本、子房は1室で中に胚珠(はいしゅ)が2、3個ある。果実は赤色の液果。山地に生え、中部地方以西の本州から九州に分布する。名は、茎や葉を煎(せん)じて洗眼に使うことによる。
 メギ属の植物は刺が鋭いのでヨロイドオシ、トリトマラズなどの異名がある。コムギに害を与えるサビ菌のサビ胞子の寄主として知られている。また、ベルベリンなどのアルカロイドが含まれるため、古くから眼病薬、胃薬などに用いられるほか、庭木としても利用される。世界に約600種知られ、北半球の温帯域を中心に、アフリカ、南アメリカまで分布する。日本にはメギ、オオバメギ、ヘビノボラズ、ヒロハヘビノボラズ、ヒイラギナンテンが生育する。[寺林 進]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メギ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メギの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation