@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メシアン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メシアン
Messiaen, Olivier -Eugène-Prosper-Charles
[生]1908.12.10. アビニョン
[没]1992.4.28. パリ
フランスの作曲家。グルノーブルとナントで音楽を学び,1919年にパリ音楽院に入学,M.デュプレ,M.エマニュエル,P.デュカースに師事した。 31年にパリの聖トリニテ教会のオルガン奏者となり,中世の音楽やギリシア,インド,パリ,極東,南米などの音楽を研究。 36年に A.ジョリベらとともに「若きフランス」を結成した。第2次世界大戦に従軍し,捕虜となり,41年にはゲルリッツ収容所で自作『世の終りのための四重奏曲』 (1940~41) の演奏会を開いた。 42年に復員し,パリ音楽院の和声法,作曲の教授に就任。カトリック教徒として神秘的な内容を求めた作品や,ガムラン音楽のリズム,小鳥の声,電子音などを利用した作品が多い。主作品はオルガン曲『キリスト降誕』 (36) ,『トゥランガリラ交響曲』 (48) ,『異国の鳥たち』 (56) など。主著『私の音楽語法』 Technique de mon langage musical (44) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

メシアン(Olivier Messiaen)
[1908~1992]フランスの作曲家。独自の音組織、リズムの革新、セリー技法など新しい手法を探究。作品はカトリシズム根源を置き、神秘的な様相をもつ。作品に「アーメン幻影」「トゥランガリラ交響曲」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)

メシアン
20世紀の最も重要な作曲家の一人。メシアンの音楽語法は非常に独自性の強いものであったが、創作、演奏、教育という諸々の活動を通して、その音楽語法は20世紀の音楽の展開に大きな影響を及ぼした。
フランス、 ...続き

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

世界大百科事典 第2版

メシアン【Olivier Messiaen】
1908‐92
フランスの作曲家。英文学者を父に,詩人を母にしてアビニョンに生まれ,少年時代はアルプス地方のグルノーブルで過ごした。早くから音楽や文学に興味をもち,独学でピアノと作曲を学び,1919年パリ音楽院に入学し,M.デュプレにオルガンを,P.デュカースに作曲を師事して,本格的に音楽家としての道を歩き始めた。音楽院卒業の翌年(1931),パリのトリニテ教会のオルガニストに就任,以後オルガニストを務めながら作曲の筆をとった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

メシアン
めしあん
Olivier Messiaen
(1908―1992)

フランスの作曲家。アビニョン生まれ。1919年より11年間、パリ音楽院でガロンに和声を、コサードに対位法を、デュプレにオルガンを、デュカースに作曲を学ぶ。ドビュッシーに傾倒し、とくに初期の作品にその影響が強い。その後、「移調の限られた旋法」(略称M・T・L。十二半音音階と六全音音階を両極端とするさまざまな対称的旋法)、「付加リズム」、「逆行不可能なリズム」(前後に対称なリズム形)などの技法を創造し、さらにその延長で『音価と強度のモード』(1949)を作曲、セリー主義を確立する。これは、印象主義音楽と第二次世界大戦後のトータル・セリエリズムの音楽を結ぶ重要な掛け橋となる。戦前には、ジョリベ、ルジュール、ボードリエと「若きフランス」というグループを結成し、ベルリオーズを範とするロマン主義美学の復興を目ざしたこともあったが(1946~48年作曲の代表作『トゥランガリラ交響曲』などにはその傾向が顕著である)、彼にとってより重要だったのはカトリック神秘主義である。これは、管弦楽曲『キリストの昇天』(1932~33)、『天の都市の色彩』(1963)、ピアノ曲『アーメンの幻影』(1943)などに顕著に示されている。また、鳥の歌声を基にした数多くの作品も残され、この二つは長大なオペラ『アッシジの聖フランチェスコ』(1983)となって結実した。

 現代フランス音楽界の重鎮ともいうべき彼は、1971年のエラスムス賞をはじめ国際的にも数々の賞を受けており、67年にはロアイヤン音楽祭の一部としてメシアン・ピアノ・コンクールも設立されている。著作に『わが音楽語法』(1944)がある。私生活では、62年に彼のピアノ曲を生む原動力となったピアノ奏者イボンヌ・ロリオと結婚。85年に京都賞を受賞。

[細川周平]

『平尾貴四男訳『わが音楽語法』(1954・音楽之友社)』『P・マリ著、矢内原伊作・広田正敏訳『メシアン』(1973・音楽之友社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メシアン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メシアンの関連情報

関連キーワード

国木田独歩監獄法国木田独歩グリフィス西園寺公望内閣新聞小説光緒帝内閣総理大臣キュビスムクリーマー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation