@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メジャー

デジタル大辞泉

メジャー(measure)
計量。測定。「メジャースプーン」
物差し。巻き尺。
基準。尺度

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メジャー(major)
[名・形動]
規模の大きなこと。主要な位置を占めること。また、そのさまや、そのもの。「メジャーレーベル」⇔マイナー
広く知られているさま。有名なさま。「メジャーな曲」⇔マイナー
音楽で、長調長音階メイジャー。⇔マイナー
(the majors)メジャーリーグのこと。→マイナー4
大学の専攻科目。主専攻科目。メイジャー。→ダブルメジャー
(the Majors)国際石油資本。世界的規模で支配力をもつ米国系・英国系などの巨大石油企業。メイジャー。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メジャー(John Major)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

メジャー
日本のテレビアニメ。放映はNHK。2004年11月~2010年9月まで全6期が断続的に放映。原作:満田拓也による漫画作品『MAJOR』。制作:スタジオ雲雀(2007年放映の第3期まで)、SynergySP(2008年放映の第4期以降)。声の出演:くまいもとこ、森久保祥太郎ほか。野球少年の成長と、メジャーリーグでの活躍までを描く。2008年に劇場版が公開。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

メジャー【majors】
メジャー(メジャーズともいう)とは国際石油会社international major oil companyないし国際石油資本を指し,かつては,7社あったことから〈セブン・シスターズ〉と呼ばれていた。現在ではエクソン社,モービル社,テキサコ社,シェブロン社(以上アメリカ系資本),ブリティッシュ・ペトロリアム社(イギリス系資本),ロイヤル・ダッチシェル社(イギリス,オランダ系資本,ロイヤル・ダッチ・シェル・グループ)の6社をいう(1997)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

メジャー【major】
名 ・形動
大きなこと。一流であること。また、そのさま。 → マイナー
よく知られているさま。有名であるさま。 -な作家マイナー
長調。長音階。長旋法。 C マイナー
the Majors 国際的な市場支配力を有する巨大会社。特に、国際石油資本や巨大多国籍穀物商社をいう。メジャーズ。
メジャーリーグの略。 → 大リーグ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メジャー【measure】
定量。計量。 スプーン カップ
ものさし。巻き尺。
基準。尺度。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

メジャー
〘名〙
[一] (major)⸨メージャー⸩
① (形動) 大きな。一流の。また、一流の人や企業。⇔マイナー
② 長音階。長調。⇔マイナー
[二] (Majors)⸨メージャー⸩ 国際石油資本。石油の探鉱・開発から輸送・精製・販売まで一貫操業する国際的石油会社で、第二次世界大戦後、世界の石油供給の大部分を独占してきた、アメリカ・イギリス系などの巨大石油企業をいう。
※現代経済を考える(1973)〈伊東光晴〉I「『メジャー』(Majors)とよばれている二〇の主要会社の占める割合は原油処理量で八四%」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メジャー
〘名〙 (measure)⸨メージャー・メジュアー⸩
① 計量すること。また、その数量。尺度。〔外来語辞典(1914)〕
② ものさし。特に小型の巻尺。また、それで測る寸法。
※外燈(1952)〈永井龍男〉魚の家「その店で、メージャーを取る」
③ ものをはかる基準。尺度。
※現代経済を考える(1973)〈伊東光晴〉V「利子のない社会━利子率というメジャーが存在しない経済はちがう」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メジャー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メジャーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation