@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メス
Metz
ドイツではメッツ Metz。フランス北東部,モーゼル県の県都。モーゼル川とその支流セーユ川が合流する点に位置する。地名はケルト人の一部族メディオマトリキの中心集落があったことに由来。ガロ・ローマ時代にすでに城塞化され,リヨンベルダンストラスブールなどと軍用道路で結ばれた。メロビング朝ジゲベルト1世のもとではアウストラシア王国の首都,カロリング朝のもとではロレーヌの首都となり,13世紀には神聖ローマ帝国の直轄都市となる。 1552年フランス軍が占拠。 1648年ウェストファリア条約により正式にフランス領となる。 1870年ドイツ軍に占領され,翌年ドイツ領エルザス=ロートリンゲン (アルザス=ロレーヌ) の一部となる。第1次世界大戦後フランスに帰属。ロレーヌ地方の鉄鉱業地帯にあり,炭鉱にも近く,近年工業都市として発展,自動車・電機・機械・食品工業が盛ん。ローマ時代の水道橋,円形劇場のほか,聖エティエンヌ大聖堂 (1250~1380) ,聖バンサン聖堂 (13~18世紀) ,国内最古の聖堂 (4世紀) などの大規模で壮麗な遺跡がみられる。人口 12万2838(2008)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メス
scalpel; surgical knife
外科手術用の鋼製小刀で,の丸い円刃刀と先端のとがった尖刃刀などがある。最近はプラスチック製のに替え刃をつけたメスもある。金属製メス以外に電気メスレーザーメスなども手術に用いられている。メスの語はオランダ語由来。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

メス(〈オランダ〉mes)
外科手術や解剖の際に用いる刃物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メス(Metz)
フランス北東部の商工業都市。ライン川支流のモーゼル川に臨み、古くから交通の要衝。普仏(ふふつ)戦争の激戦地。ドイツ語名メッツ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

メス【mes[オランダ]】
医学,動物学などで用いられる小刀をいう。主として外科領域の切開に用いられる。メスはオランダ語がそのまま日本語に定着した言葉で,英語ではscalpelまたはknife,ドイツ語ではMesserである。刃の大きさと形状にはさまざまな種類があり,使用する個所により使い分ける。本来は柄と刃が一体となったものであるが,刃を頻繁に研磨する必要があるため,使い捨ての刃を装着する形のもの,柄まで使い捨てとなる軽量のものもつくられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

メス
めす
Metz

フランス北東部、ロレーヌ地方北部の中心都市で、モーゼル県の県都。ナンシーの北59キロメートルのモーゼル川沿いにあり、ドイツ国境に近い。ドイツ語名メッツ(同つづり)。人口12万3776、都市圏人口32万2526(1999)。製鉄と炭田で知られるロレーヌの重要な工業地域に近く、その商業中心都市である。機械、自動車、精油などの工業も立地し、火力発電所がある。南西には空港があり、モーゼル川に河港をもち、高速道路、鉄道も通じる交通の要衝。中世に繁栄したため歴史的建造物が多く、高さ42メートルの身廊とみごとなステンドグラスの窓(表面積6500平方メートル)で有名なゴシック様式のサンテティエンヌ大聖堂(13~16世紀)、ロマネスクとゴシック様式のサン・マルタン教会、7世紀に教会に改築されたサン・ピエール・オ・ノナン教会、「ドイツ人の門」とよばれる市門(13~15世紀)などが残る。

[大嶽幸彦]

歴史

起源は、ガリア人によってつくられた都市ディウォドゥルムDivodurumにさかのぼり、ガリア・ローマ時代にはローマの支配のもとで、交通上の要衝として栄えた。民族大移動ののち、フランク人が支配するようになり、6世紀初めにアウストラシア王国の首都となった。メロビング朝およびカロリング朝時代には商業、政治、宗教の中心地であった。10世紀に入るとドイツ帝国領になり、13世紀には帝国自由都市となった。カール4世は1356年にこの地で帝国議会を開き、金印勅書を発布した。16世紀なかばフランス国王アンリ2世は紛争を利してこの地に侵攻、占領し、ウェストファリア条約(1648)によってフランス領に編入された。しかしその後もメスはフランス・ドイツ両国の争いのなかで翻弄(ほんろう)された。1870年のプロイセン・フランス戦争では戦場となり、戦後ドイツ領に併合された。第一次世界大戦後、戦勝国フランスはこの地を取り戻したが、第二次世界大戦中にふたたびドイツの占領下に置かれ、そして戦後、戦勝国フランスが奪い返して現在に至っている。

[本池 立]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

メス
〘名〙 (mes)
① 西洋風の小刀。おもに、医師が切開や解剖に用いるものをさす。
※蘭説弁惑(1799)上「『めす』庖刀なり。丸だきの肉類をきり食ふ」
② 鋭い批判や思い切った手段を①の鋭利さにたとえていう。→メスを入れる
※結婚の生態(1938)〈石川達三〉四「女を感傷に誘って鋭利な批判のメスから脱れようとしたやうにみえる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メス
(Metz) フランス北東部、ロレーヌ地方北部の中心都市。モーゼル川とセイユ川の合流点にある。機械・農産物加工・繊維工業が発達している。五一一年メロビング朝アウストラシアの首都となり、一五五二年フランス領となる。普仏戦争の激戦地。一八七〇~一九一八年はドイツ領。ドイツ語名メッツ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メスの関連情報

関連キーワード

サンテチエンヌ大聖堂メス大聖堂メッス大聖堂映画理論

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation