@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メタアルミナ型【メタアルミナがた】

岩石学辞典

メタアルミナ型
シャンドは化学成分で火成岩を分類し(Na2O+K2O)<Al2O3<(Na2O+K2O+CaO)の関係のある岩石をメタアルミナ型とした.Al2O3の一部は長石類の形成に使われるが,一部は苦鉄質鉱物に入る.Al2O3が(K2O+Na2O+CaO)よりも少ないものには,さらに幾つかの場合があり,この場合は長石類の他にできる鉱物には次のようなものがある.(1) 角閃石,緑簾石,メリライトなどのような比較的Al2O3に富んだ鉱物が形成されるか,(2) Al2O3を主成分とする鉱物と橄欖石,輝石のようなAl2O3を含まない鉱物両者形成される(片山ほか : 1970).この語は次のような鉱物組合わせが特徴の岩石に用いる.角閃石─黒雲母,角閃石─オージャイト,角閃石のみ,または初生的な緑簾石(角閃石または黒雲母は伴うことも伴わないこともある).橄欖石は含まれることがある[Shand : 1927, 1927].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メタアルミナ型」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メタアルミナ型の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation