@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メタクリル樹脂【メタクリルジュシ】

デジタル大辞泉

メタクリル‐じゅし【メタクリル樹脂】
methacrylate resin》代表的なアクリル樹脂の一。メタクリル酸エステルの重合によって作られる。透明度にすぐれ、割れにくく、有機ガラスのほか被覆材料・接着剤・電気絶縁材などに使用。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

メタクリル樹脂
めたくりるじゅし
methacrylate resin

ポリメタクリル酸メチルのこと。アクリル樹脂の一種であり、1934年ごろからドイツで工業生産され、日本は38年(昭和13)ごろから生産を開始し、第二次世界大戦中は航空機の風防ガラス用として使われた。この樹脂はポリスチレンとともにもっとも透明度が高く、ポリスチレンよりじょうぶなので板状の有機ガラスとしての用途が広い。ただし表面が軟らかく傷がつきやすい欠点がある。

 また着色しても美しい色調を示すので標識や看板のほか、一般照明カバー、光り天井、シャンデリアなどへの利用が多い。日本での年間生産量は23.5万トン(2002)である。

[垣内 弘]

『井手文雄著『実用ポリマーアロイ設計』(1996・工業調査会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

メタクリル‐じゅし【メタクリル樹脂】
〘名〙 (メタクリルはmethacrylic から) アクリル樹脂の一つ。メタクリル酸エステルを重合して得られるビニル系の熱可塑性樹脂の一つ。無色透明で、加工しやすく、強靱(きょうじん)なので、航空機や自動車の窓ガラス、照明器具、義歯材料などに用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メタクリル樹脂
メタクリルじゅし
ポリメタクリル酸メチル」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メタクリル樹脂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メタクリル樹脂の関連情報

関連キーワード

樹脂イオン交換樹脂イオン交換樹脂PMMAMMAエポキシ樹脂ポリアセタール樹脂ユリア樹脂残留炭レジナイト

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation