@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メタスタージオ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メタスタージオ
Metastasio, Pietro
[生]1698.1.3. ローマ
[没]1782.4.12. ウィーン
イタリアの詩人,オペラ台本作者。本名 Pietro Antonio Domenico Bonaventura Trapassi。アルカディア派最大の詩人として活躍,1730年ウィーンに移り住み,カルル6世マリア・テレジア庇護を受けた。多くのオペラ・セリア (正歌劇) を書き,その完成者とされ,やさしい憂愁に満ちた調子のうちに,18世紀貴族社会のはなやかさをみごとに表現している。代表作『見棄てられたディドーネ』 Didone abbandonata (1724) ,『ウーティカのカトー』 Catone in Utica (27) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

メタスタージオ【Pietro Metastasio】
1698‐1782
イタリア劇作家。ローマに生まれる。幼いときからアルカディア学会員のG.V.グラビーナに師事して,ギリシア,ラテンの古典およびイタリア・ルネサンス期の古典を学び,も本来のトラパッシからギリシア風のメタスタージオに改める。1717年最初の詩集を出版した。18年にアルカディア学会に入会。翌19年にナポリへ移住し,当時一世を風靡したオペラ歌手マリアンナ・ブルガレッリと知り合い,ナポリの音楽界との交流を深める。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

メタスタージオ
めたすたーじお
Pietro Metastasio
(1698―1782)

イタリアの詩人、劇作家。1月3日、ローマの商人の家庭に生まれる。10歳のころに、当時アルカディア学会員であったグラビーナGian Vincenzo Gravina(1664―1718)に才能をみいだされ、その厳格な指導のもとに、ギリシア、ラテンおよびルネサンスの古典文学と哲学とを修めて、姓も本来のトラパッシTrapassiからギリシア風のメタスタージオに改めた。1714年、聖職につく。17年、早くも処女詩集を出版。翌18年、アルカディア学会入会。19年、ナポリへ移住し、上流社会の厚遇を得て、同時に演劇界や音楽界との交流も深めていく。23年に、当時一世を風靡(ふうび)した歌姫マリアンナ・ブルガレッリに捧(ささ)げて、メロドラマ(音楽劇、今日のオペラ)『見棄(みす)てられたディドーネ』を執筆。その初演は翌年にブルガレッリを主役として行われたが、大成功を博し、メタスタージオの名声はただちにイタリア半島内外に広まった。その後も『ウーティカのカトー』(1727)、『セミラミス』(1729)など、優れた脚本を書き、当時は音楽に比重の置かれていたメロドラマを、文学的に再建させた。しかし30年に、旧来の後見人であった伯爵夫人マリアンナ・ピニャテッリの仲介によってウィーンの宮廷へ招かれると、以後は82年4月12日に没するまで、絶対君主制を誇る異国の都の宮廷詩人として、カール6世、マリア・テレジア、ヨーゼフ2世ら、歴代の皇帝に仕えた。

 ウィーンでの最初の10年間に、驚異的なまでに数多くのメロドラマを書き上げたが、代表作としては、『デメトリウス』(1731)、『オリンピア競技会』(1733)、『ティトゥス帝の慈悲』(1734)などがあげられる。しかし、この精力的な創作の時期が過ぎると、あたかも詩心が枯渇したかのように急速に寡作となり、晩年になると自らの詩作を振り返りつつ、それを理論化する詩論の執筆に専念した。

[鷲平京子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メタスタージオ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メタスタージオの関連情報

関連キーワード

召喚対抗力ケベック州言語法強姦罪死刑召喚性犯罪争点証拠整理手続テトラサイクリン系抗生物質

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation