@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メタルハライドランプ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メタルハライドランプ
metal halide lamp
高圧水銀ランプ金属ハロゲン化物を添加入した放電ランプで,点灯すると金属ハロゲン化物が蒸発解離して金属特有の発光スペクトルが得られる。種々の金属ハロゲン化物の組合せにより,いろいろなランプがあるが,大別すると,効率本位のランプ (ナトリウムタリウムインジウムのヨウ化物を封入したもの) と演色性本位のランプ (ジスプロシウムなど希土類元素のヨウ化物あるいはスズのハロゲン化物を封入したもの) とがある。構造は高圧水銀ランプと似ているが,効率が 80~85lm/w と高く,演色性もよいので,街路灯,公園,広場,投光照明,スポーツ照明などに用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

メタルハライド‐ランプ(metal halide lamp)
ナトリウムスズなどのヨウ化物をはじめ、金属のハロゲン化物メタルハライド)を混入した水銀灯アーク放電により各元素がそれぞれ異なった色調発光し、太陽光に近い優れた演色性を示す。高輝度なため、大規模施設やトンネルなどの照明、プロジェクター光源などに利用される。メタハラ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

メタルハライドランプ【metal halide lamp】
構造上は高圧水銀灯と類似しているが,発光管の中には水銀,希ガスほかに発光金属がハロゲン化物(主としてヨウ化物)の形で封入されているものをいう。発光金属をハロゲン化物の形で用いるのは,(1)金属の発光を得るには放電管内の蒸気圧がある程度高くなければならないが,金属単体の場合よりハロゲン化物のほうが蒸気圧が高くなる,(2)アルカリ金属のように単体では高温石英ガラス反応しやすい金属も,ハロゲン化物にすることにより,反応を抑制できるなどの理由による。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

メタルハライドランプ
めたるはらいどらんぷ
metal halide lamp
金属のハロゲン化物を石英の発光管に封入し、アーク放電によって、金属ハロゲン化物を蒸発、解離させ、それによって放射される金属およびその化合物特有の光を利用したランプ。1961年アメリカのレイリングGilbert H. Reiling(1928― )が水銀ランプの発光管の中にナトリウム、タリウムおよびインジウムのヨウ化物を添加封入して、光色や演色がともに大幅に向上することを発表し、実用化された。その後、スカンジウムおよびナトリウムのヨウ化物入り、ジスプロシウム、タリウムおよびインジウムのヨウ化物入り、ヨウ化スズ入りなどのランプが実用化された。封入した金属およびその化合物固有のスペクトルが得られるので、効率は水銀ランプの発光効率よりも高く、また演色性(色の見え方)を向上することができる。日本で初めて実用化されたのはスズ入りランプで、1966年(昭和41)名古屋の銀行営業室の照明に用いられた。のち1970年大阪で開かれた万国博覧会で多くのメタルハライドランプが使用され、普及するようになった。[小原章男・別所 誠]

構造・原理

水銀ランプと類似した構造で、石英の発光管の中に水銀と希ガス(アルゴンなど)のほか金属のハロゲン化物を封入する。外管のガラス球内は窒素などの不活性ガスを封入するか、真空にする。電極間のアーク放電により、金属ハロゲン化物は金属原子とハロゲン原子とに分解し、金属原子の励起、電離によって、金属およびその化合物特有の光を発生する。ナトリウム、タリウムなどは線スペクトルである。また、スズのハロゲン化物の場合は分子状で発光するので、連続スペクトルである。[小原章男]
 金属ハロゲン化物を使用するのは、金属単体と比較して、金属蒸気の蒸気圧が高くできるからである。2000年代に入ると、発光管の石英をセラミックスとすることによってより効率を高めたセラミック・メタルハライドランプが主流になっている。セラミックスは石英に比べて化学的に安定なので、封入する金属ハロゲン化物との反応が抑制され、使用できる化学物質の範囲を広げることができる。その結果、石英タイプのメタルハライドランプよりも効率を高め、演色性も向上させることが可能になった。[別所 誠]

種類

(1)ナトリウム‐タリウム‐インジウム系 ナトリウムの橙黄(とうこう)色(主波長589ナノメートル)、タリウムの緑色(535ナノメートル)、インジウム(451ナノメートル)の線スペクトルとを組み合わせた白色光で、100~2000ワットの種類がある。
(2)スカンジウム‐ナトリウム系 スカンジウムの多数のスペクトルとナトリウムの線スペクトルとを組み合わせたランプ。100~2000ワットの種類がある。この種類がもっとも多く使用されている。
(3)ジスプロシウム‐タリウム系 ジスプロシウムの多数のスペクトルとタリウムの線スペクトルとを組み合わせたランプ。50~3500ワットの種類がある。
(4)スズ系 スズのハロゲン化物の分子発光による連続スペクトルを利用したもの。光色と演色がともに優れたランプで、125~400ワットの種類がある。
(5)ショートアーク型 映写機、カラーテレビ、映画撮影などの光源として、ジスプロシウム‐ホルミウム‐ツリウム、ナトリウム‐タリウム‐インジウム(またはガリウム)およびスズ‐インジウムのハロゲン化物入りなどのショートアーク型ランプがあり、演色性が優れている。
(6)特殊用途のもの 封入金属によって特有の光を出すことができるので、用途に応じたランプがある。複写機用、印刷・製版焼付け用(ガリウム入り)、インキ硬化用(鉄入り)、紫外線用、光化学反応用(ナトリウム、タリウム入り)などが実用化されている。100ワット~60キロワットの範囲で実用化されている。[小原章男・別所 誠]

特性および用途

演色性が比較的優れ、効率も水銀ランプの1.5倍であるが、寿命は6000~9000時間である。屋内外のスポーツ施設、高天井の工場、事務所、ホール、店舗などの照明として使用されている。[小原章男・別所 誠]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メタルハライドランプ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メタルハライドランプの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation