@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メダケ

日本大百科全書(ニッポニカ)

メダケ
めだけ / 雌竹・女竹
[学]Pleioblastus simonii (Carr.) Nakai
イネ科のタケササ類。全体に毛はない。(かん)は剛壮で高さ3~4メートル、径2~3センチメートルに達する。葉は狭披針(きょうひしん)形で長さ20~25センチメートル、幅約2センチメートル、薄く、先は垂れる。稈や枝の節に花穂を密につける。稈は丸竹のまま、または割って細工物など種々に利用する。
 メダケ属は、稈は直立し、一つの節から枝が多数出る。葉鞘(ようしょう)の上縁は無毛であるが、平滑な肩毛(かたげ)がある。雄しべは3本。北海道から沖縄の山野に16種分布し、ほかに4種の園芸品種がある。[鈴木貞雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メダケ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メダケの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation