@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メダル

デジタル大辞泉

メダル(medal)
表彰や記念のために贈る、金属製の小さな記章。ふつう、図案・文字などが浮き彫りにしてある。賞牌(しょうはい)。「金メダル」「記念メダル
1のうち、特に金メダル銀メダル銅メダルのこと。「次の大会ではメダルをねらう」「メダル圏内」
1に似た金属製の円板。硬貨やチケットなどの代わりに用いられる。「メダルゲーム」「パチスロ用のメダル
[補説]2は日本語での用法

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

メダル【medal】
あることを記念したり,人の功績を賞するために作られる,主として円形の金属小品で浮彫が施されたもの。メダルの浮彫は古代・中世では鋳出されたが,16世紀ころから,ビュラン彫(エングレービング)によるじか彫が行われるようになった。材料は銅,鉛および金,銀が使用される。賞牌(しようはい),記念章や勲章および古代ギリシア・ローマの貨幣もこれに含まれる。 古代ギリシアの貨幣は芸術的にも価値高い工芸品であった。前5世紀にできたアイギナ銀貨は亀の浮彫模様を示し,またコリントスの銀貨は,表にかぶと)をかぶった右向きのアテナ女神を彫り,裏には天馬が空駆ける活発な模様を施している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

メダル【medal】
金属製の記章。浮き彫りなどを施した円形のものが多い。賞牌や記念として贈られる。 金-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

メダル
〘名〙 (medal)⸨メタル⸩ 競技の入賞者や功績のある者に褒賞として贈られる記章。金属製で、文字や図案を浮彫りにした円形のものが多い。また、行事の記念などのために作られたり、売り出されたりするもの。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉六「十五歳にして銀の匾円(メダル)を賞賜せらる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メダル
メダイユ」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メダル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メダルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation