@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メチルセルロース

栄養・生化学辞典

メチルセルロース
 セルロースメチルエーテル誘導体.水に溶け乳化剤や安定剤保水剤として使われる食品添加物

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

メチルセルロース
めちるせるろーす
methyl cellulose
セルロースエーテルの一つ。セルロースのヒドロキシ基(-OH基)の一部をO-メチル化してメトキシ基(-OCH3基)にかえた化合物である。メチル化されていないセルロースは水に溶けないが、メチル化してヒドロキシ基を減らすとヒドロキシ基間の水素結合が弱くなって水溶性になるので、多くの用途が開けてくる。
 メチルセルロースは、セルロースを水酸化ナトリウム水溶液および硫酸ジメチルと処理してメチル化するか、アルカリセルロースを加圧下で塩化メチルと処理する方法により合成される。セルロースがもつ全ヒドロキシ基のうち27~32%がメトキシ基になっているものは水溶性であり、38~43%のものは有機溶媒に可溶である。
 糊(のり)剤、粘化剤、エマルジョンの安定剤、布のサイズ剤などに用いられる。人体に無毒であるので、乳化・保水などの目的で食品添加物として用いられるほか、化粧品、医薬にも配合されている。[加治有恒・廣田 穰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

メチルセルロース
メチルセルロース
methylcellulose

セルロースのメチルエーテル.精製綿に水酸化ナトリウムを作用させ,アルカリセルロースをつくり,これに塩化メチルまたは硫酸ジメチルを作用させると得られる.無臭白色~帯黄白色の無晶または繊維状の粉末あるいは粒.冷水可溶,熱水に不溶.水に溶解するには80~90 ℃ に加温し,よくかくはんして分散させ,同温度で20~30 min 放置し,5~10 ℃ に冷却する.水溶液を加温すると,はじめ粘度は下がるが,ふたたび増加してゲル化する.置換度の大きいほうがゲル化の温度が低い.薬用として緩下剤に用いられ,また水溶液としてのり剤,粘ちゅう剤,エマルション(乳濁液)およびラテックス安定剤,香粧品などに用いられる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メチルセルロース」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メチルセルロースの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation