@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メッサナ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メッサナ
Messana
メッシナ海峡にのぞむ古代シチリアの都市。現イタリアのメッシナ。前 725年頃クメ人,次いでカルキス人の増援のもとにザンクレ Zancleの名称で建設された。海峡にのぞむ要衝地であるが,政治的には対岸レギウムに制せられてふるわず,レギウムの僭主アナキラスによって前 490/80年頃占領された。サモス人,のちにメッセニア人の移民を受入れてメッセネ Messēnēと改称。前 461年以後ドーリス風のメッサナが用いられた。レギウムから独立するとシラクサを支持したが,前 396年カルタゴ人に破壊された。その後,シラクサ,カルタゴ,ローマがこの地をめぐって争い,第1次ポエニ戦争の原因となった。前 241年以降ローマの同盟市 (→ソキイ ) となり,繁栄したが,その遺跡は 1908年の大地震のため,わずかしか残っていない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めっさな【メッサナ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

メッサナ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メッサナの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation