@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メッシナ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メッシナ
Messina
イタリア南西部,シチリア島の北東端にある港湾都市。シチリア州メッシナ県の県都。海上交通の要地で,前8世紀にギリシア人により建設された。前 397年カルタゴ人により破壊され,831年頃にはサラセン人,1061年にはノルマン人など,多くの侵略を受けた。また,1908年の震災では市街の 90%が破壊されたが復興した。本土と結ぶフェリー基地で,を中心に食品,醸造セメント化学などの工業が盛ん。港から果実,ワイン,硫黄輸出人口 24万2503(2011推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

メッシナ【Messina】
イタリア南部,シチリアにある同名県の県都。人口23万3845(1994)。メッシナ海峡に面した港湾都市で,本土のレッジョ・ディ・カラブリアとを結ぶ連絡船が定期運航している。オリーブ,かんきつ類などの農産物集散地で,食品工業も盛ん。 紀元前8世紀にギリシアの植民市として建設され,の形をした地形からザンクレZanklēと呼ばれた。前5世紀対岸のレギオンの僭主アナクシラスが支配し,ギリシアの故郷の名にちなんでメッサナMessanaと名付けた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

メッシナ
(Messina) イタリア、シチリア島の北東岸、メッシナ海峡に面する港湾都市。紀元前八世紀ギリシアの植民都市として建設されたのが起源。イタリア本土との間に連絡船が通う交通の要地にあり、ブドウ、オリーブなどの集散地。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

メッシナ(Messina)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メッシナ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メッシナの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation