@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メデリン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メデリン
Medellín
コロンビア北西部,アンティオキア州の州都。メデジンともいう。首都ボゴタの北西約 250km,アンデスの中部山脈中,マグダレナ川水系のポルセ川が流れる小さな谷にあり,標高約 1500m。 1675年鉱業中心地として建設された古い町で,現在でも金などを輸出する。山間にあって地理的に孤立していたため,長い間発展が妨げられてきたが,19世紀に鉄道が通じると急速に発展し始め,周辺のコーヒー栽培地帯の大集散地となった。 20世紀に入ると水力発電による電力が安価に利用できたこともあって工業が発達,現在同国有数の工業都市となっており,特に繊維工業は同国の繊維生産の大半を占める。その他の主要工業は食品,木工,金属,自動車,化学,ゴムなど。工業化に伴って人口も急速に増加,現在ボゴタに次ぐ同国第2の大都市で,周辺にベヨ,イタグイエンビガドなどの衛星都市が形成されている。またボゴタに次ぐ文化都市でもあり,市内にはアンティオキア大学 (1803) をはじめとする多くの高等教育・研究機関,博物館,図書館,劇場などがある。市街も近代化が進み,植民地時代の古い建物はほとんど残っていないが,工業都市としてはきわめて美しい町で,花の多いことで知られ,ランなどを輸出している。現在は交通の要地で,鉄道が通るほか,道路が四通,国際空港もある。また,コカイン密輸出の中心地となっており,国際的な問題となっているとともに,政府の取り締まりに対するテロも続出している。人口 143万 1462 (1985) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

メデリン(Medellín)
コロンビア北西部、アンティオキア県の都市。標高約1500メートルの高原に位置する。首都ボゴダに次ぐ同国第二の規模をもつ。19世紀に鉄道が通じ、金鉱採掘とコーヒーの生産で発展。現在は繊維工業が盛ん。メデジン。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

メデリン【Medellín】
コロンビア中西部,アンティオキア県の県都。人口162万1356(1995)。1675年カウカ川の支流ポルセ河畔の標高1500mに創設された。植民地時代よりアンティオキア地方の貴金属交易の中心地として繁栄した。19世紀後半からはコーヒーの集散地となり,20世紀初頭に織物業が興り,現在では全国生産の80%以上を占めている。特に第2次大戦後,国家の工業化政策により,金属・機械工業や繊維工業の重点的育成地域に指定され,カリ,ボゴタとともに,コロンビア経済の中枢をなす。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

メデリン
めでりん
Medellín

南アメリカ北西部、コロンビア北西部、アンティオキア県の県都。住民はこの町をメデジンとよぶ。人口195万7928(1999)。同国第三の大都市で、カウカ川中流域の商工業の中心地。1675年、標高1499メートルの高原に建設され、金鉱地域およびコーヒー生産地域の中心地として発展してきたが、20世紀初めに綿紡織工場が設立されてから、とくに第一次世界大戦後、急速に紡績、織物の都市として成長を遂げた。コロンビアの輸出綿織物の80%以上を生産する。ほかに絹・毛織物、皮革、ガラス、薬品、農業機械、ビールなどの各種の製造業が発達している。文化施設が多く、二つの大学、鉱山大学のほか、南アメリカの動物、鳥類を多種飼育する動物園やランの収集で知られる植物園、世界最大のれんが造の教会といわれるカテドラル、郊外のウシの大飼育場は一見に値する。クリスマスには60万個以上のクリスマス・ライトがともされ壮観である。

[山本正三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メデリン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メデリンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation