@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メナンドロス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メナンドロス
Menandros
[生]前342/前341. アテネ
[没]前292/前291
ギリシアの喜劇詩人。アッチカ新喜劇の代表的作者。 100編以上の作品があったと伝えられるが,写本として現存するものはなく,1905年にエジプトで発掘されたパピルスから,『調停裁判』 Epitrepontes,『髪を切られる女』 Perikeiromenē,『サモスの女』 Samiaなどの大断片が発見され,58年にはほとんど完全な『気むずかし屋』 Dyskolosのパピルスが公表された。筋は大同小異で,愛のもつれと解決を中心主題にして,これを誘拐,凌失踪,発見,認知などの偶然的要素によって複雑にしたものが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メナンドロス
Menandros
前2世紀後半頃アフガニスタン (カブール川流域) ,インド (パンジャブ地方,ジャムナ川流域) を支配したギリシア人の王。ミリンダ王ともいう。彼の名を刻んだ貨幣は,インドを支配したギリシア人諸王のなかで最も多量かつ広範囲に発見されており,かなりの勢力のあったことが知られる。また仏教経典『ミリンダ王の問い』 Milindapañhaには仏教徒となったことが記されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

メナンドロス(Menandros)
[前342ころ~前291ころ]古代ギリシャの喜劇作家。アテネの市民生活を題材に、性格描写の巧みな風俗喜劇を100編ほど書いたが、現存するのは「気むずかし屋」など4編で、他は断片だけが伝わる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

メナンドロス【Menandros】
インド・ギリシア人が西北インドに建てた王国の王。在位,前155‐前130年ころ。生没年不詳。パンジャーブ地方のシャーカラ(サーガラ,現在のシアールコートとするが有力)に都を置き,アフガニスタンから北インド中部に至る領土を支配した。この王の発行した貨幣の種類と量は多く,また分布範囲も他のインド・ギリシア人王にくらべてはるかに広い。ギリシア本土では正義をもってインドを支配した大王としても知られていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

メナンドロス【Menandros】
前342ころ‐前292ころ
古代ギリシア,アテナイの喜劇作家。アッティカ古喜劇と対比されるアッティカ新喜劇の代表的作家で,喜劇作家アレクシス。彼の喜劇で劇化されるのは,極めて日常的な人間関係,すなわち親と子,男(夫)と女(妻),主人と奴隷,隣人,友人といったものである。アリストファネスらのアッティカ古喜劇が有した破壊的な言語の力,想像力はここには欠如しているが,人々の生活感情の機微を表現することにかけてはめざましいものがあり,アレクサンドリア時代の文芸評論家の〈メナンドロスと人生よ,おまえたちは,どちらがどちらの模倣者なのか〉という評言は有名である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

メナンドロス【Menandros】
前342頃~前291頃 古代ギリシャの劇作家。ギリシャ新喜劇の代表的作家。百余編を作ったと伝えられる。多数の断片のほか、「デュスコロス(気むずかし屋)」「調停裁判」など五編のパピルス断簡が現存。死後、ローマの喜劇作家テレンティウスやプラウトゥスによって多く翻案され、後世の演劇芸術に大きな影響を与えた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

メナンドロス
めなんどろす
Menandros
(前342/341―前291/290)
古代ギリシア新喜劇の代表的作家。アテネ上流階級の出身で、中期喜劇の作家アレクシスの甥(おい)。哲学者テオフラストスに師事し、またエピクロスとは友人の仲であったといわれる。紀元前321年『怒り』をもって競演の場にデビューして以来、生涯に100編以上書いたが、現存するのは『気むずかし屋』『調停裁判』『髪を切られる女』『サモスの女』の4編で、あとは大断片『先祖の霊』を筆頭にすべて断片である。前記の4編にも欠損部分が多い。
 前4世紀は、前5世紀と違い政治よりも哲学・修辞学の時代、また個人の国家からの遊離の時代であった。こうした時代背景をもつメナンドロスの作品は、古喜劇のもっていた強烈な政治性と個人風刺には欠けるが、その反面、日常市民生活の種々の様相を、警句、皮肉、また思いやり、そして一種の諦念(ていねん)すら含んだ筆致で活写し、そこに潜む人生の哀歓を生き生きと描出している。筋立ては、恋の駆け引き、私生児と捨て子の問題、親子兄弟の対面などがおもなもので、そこに狡猾(こうかつ)だが忠実な召使い、利発な遊女、頑固親父(がんこおやじ)、放蕩(ほうとう)息子、尊大な軍人、若妻、恋に悩む若者、純情な乙女などの諸人物が登場し活躍する。その筆の冴(さ)えは、すでに古代において「メナンドロスと人生よ、汝(なんじ)らのうちのどちらがどちらを模写したのか」(ビザンティオンのアリストファネス)との賛辞を博しているほどであるが、しかしその作品は、単に当時の世相の模写にとどまるものではない。それは、随所にみられる詩人の透徹した人生観、人間観によって、単なる風俗喜劇を超えたところに到達しているといいえよう。この点で彼は、ジャンルは異なるとはいえ、悲劇詩人エウリピデスの後継者ともみなされるのである。[丹下和彦]
『呉茂一訳『気むずかしや他三編』(『ギリシア喜劇全集2』所収・1961・人文書院) ▽田中美知太郎編『ギリシァ劇集』(1963・新潮社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

メナンドロス
(Menandros) 古代ギリシアの劇作家。アッティカ新喜劇の代表者。約一〇〇編の喜劇を作ったが現存するのは断片で、完全な作品は「気むずかし屋」一編。(前三四二頃‐前二九二頃

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メナンドロス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メナンドロスの関連情報

関連キーワード

取締役総合年表(ヨーロッパ)ヘルミアス累積投票特定化学物質の把握と管理・促進法PRTR六角川奈良の観光県内自治体の被災地応援ミニマムアクセス(MA)米

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation