@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メフメト(2世)【めふめと】

日本大百科全書(ニッポニカ)

メフメト(2世)
めふめと
Mehmet
(1432―1481)
オスマン帝国の第7代スルタン(在位1444~46、1451~81)。第二次コソボの戦勝後、即位したが、幼いため退位し、マニサ州の知事として諸学問を修めた。父ムラト2世の死去により1451年、再即位。53年コンスタンティノープルを攻略し、ビザンティン帝国を滅ぼし、征服(ファーティヒ)王とよばれた。59年のセルビアの征服をはじめ、ボスニア、ヘルツェゴビナを併合し、アルバニア、クリミア・ハン国を服属させた。アナトリアではカラマン侯国、トレビゾンド帝国を併合して全アナトリアを帝国の支配下に統合した。晩年、法律を集大成して『法典』を編纂(へんさん)したほか、帝国の軍事・行政組織にデウシルメ(強制徴用したキリスト教徒子弟)出身者を登用し、中央集権体制を確立した。[永田真知子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

メフメト(2世)
Mehmet Ⅱ
1432〜81
オスマン帝国第7代スルタン(在位1444〜46,1451〜81)
1453年コンスタンティノープルを攻略してビザンツ帝国を滅ぼし,ここに遷都イスタンブルと改称した。さらにバルカン領土を拡大するいっぽう,1475年にはクリム−ハン国を服属させて黒海を制覇。帝国の基礎を再強化し,以後の発展に寄与した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メフメト(2世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メフメト(2世)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation