@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メモリースティック【メモリースティック】

パソコンで困ったときに開く本

メモリースティック
ソニーが開発したメモリーカードです。チューインガムのような形で、同社のデジタルカメラなどで利用可能です。より大容量で、高速にデータの読み書きができる「メモリースティックPRO」もあります。現在は、サイズを小さくした「メモリースティックDuo(デュオ)」と「同PRO Duo」が主流で、さらに小型化した「メモリースティックマイクロ(M2)」も利用されるようになりました。
⇨メモリーカード

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

メモリースティック(Memory Stick)
ソニーが開発したメモリーカード規格の一。小型化した「メモリースティックデュオ」、さらに薄型・軽量化した「メモリースティックマイクロ」などがある。商標名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典

メモリースティック
 Memory Stick。MSと略す。ソニーが開発した フラッシュメモリーカード 。コントローラ内蔵。ソニー製のデジタルカメラやビデオカメラ、その他の家電製品に広く採用されている。ただし、このメモリースティックを採用しているデジタルカメラはきわめて少ない。大きさは50×21.5×2.8mm。2000年にはより小型の「メモリースティックDuo(デュオ)」が発表された。大きさは31×20×1.6mm。従来のメモリースティックとはカードアダプタと組み合わせることで互換性がある。  さらに2003年1月、大容量・高速転送・セキュリティを重視したメモリースティックPROが開発発表された。その容量は最大32GBが規定され、理論転送速度は160Mbps(従来の8倍)、著作権保護技術マジックゲートを標準装備する。写真はメモリースティックPROデュオ。

出典:カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

メモリースティック【Memory Stick】
メモリーカードの規格のひとつ。ソニーが中心となって開発し、平成9年(1997)に発表された。マジックゲートと呼ばれる著作権保護機能を持ち、パソコン・デジタルカメラデジタルビデオカメラ・携帯電話・デジタルオーディオプレーヤープレイステーションポータブルなどに利用される。◇メモリースティックに関する規格には、高速大容量化を図ったメモリースティックPROやその上位規格で最大記憶容量を2TBに高めたメモリースティックXC、より小型化したメモリースティックDuoメモリースティックMicroなどがある。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メモリースティック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メモリースティックの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation