@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メランヒトン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メランヒトン
Melanchthon, Philipp
[生]1497.2.15. バーデン,ブレッテン
[没]1560.4.19. ウィッテンベルク
ドイツの神学者,宗教改革者,教育者。本名 Schwarzerd (黒い土の意) からギリシア語化してメランヒトンと呼ばれた。母のおじで人文学者のロイヒリンの薫陶を受け,ギリシア古典に通じた。 1518年ウィッテンベルク大学でギリシア語教授となり,ルターとともに宗教改革に乗出し,新教初の体系的神学書『ロキ・コンムネス』 Loci communes rerum theologicarum (1521) を出版し,ルターに次ぐ指導者となった。ローマ教会との論争を通じて,『アウクスブルク信条』『弁証』などを執筆,ルター派の正統を代表するものとみなされた。その後,特に聖餐に関してルターとの考えの相違が明らかとなったが,両者は最後まで友情を保った。ルターの死後,アウクスブルクの暫定取決め (48) に対して,信仰による義認を否定しないかぎりアディアフォラ (→アディアフォリスト論争 ) は実践してよいと,ローマ教会に妥協的であったので鋭く批判され,孤立した。またカルバンの立場とも妥協的であり,ルター派内の論争のもととなった。メランヒトンに従う人々はフィリップ派と称された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

メランヒトン(Philipp Melanchton)
[1497~1560]ドイツ人文主義者・神学者。ルターの宗教改革運動の最大の協力者として、プロテスタント教義の体系化に寄与「神学綱要」「アウクスブルク信仰告白」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

メランヒトン【Philipp Melanchthon】
1497‐1560
ドイツの人文主義者,宗教改革者。メランヒトンとは〈黒い土〉を意味する本名Schwartzerd(t)をギリシア語化したもの。ファルツのブレッテンに武器鍛冶工の子として生まれ,早く父を失い,母方の祖母に育てられたが,人文主義者として高名な大伯父ロイヒリンさらにエラスムスの影響下に養育される。12歳でハイデルベルク大学に入り,17歳でチュービンゲン大学で教養学修士となり,教育や編集にたずさわる。ザクセン選帝侯の求めでロイヒリンの推薦を受けて,1518年ウィッテンベルク大学のギリシア語教授となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

メランヒトン【Philipp Melanchthon】
1497~1560 ドイツの人文主義者。古典学の素養を聖書解釈に生かし、ルターの宗教改革運動に参加、その思想の体系化に努めた。著「神学総覧」「アウクスブルク信仰告白」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

メランヒトン
めらんひとん
Philipp Melanchton
(1497―1560)
ドイツの宗教改革者、人文主義者。人文主義者ロイヒリンの親族で、エラスムスの精神により教育され、早くから天才児として知られた。1518年チュービンゲン大学からウィッテンベルク大学にギリシア語の教授として招かれ、ルターの影響を受け、哲学から聖書学に転じ、ルターの同僚として宗教改革運動の指導者となる。1521年に『神学総論(ロキ・コンムーネス)』第1版を出し、宗教改革の教義を初めて明瞭(めいりょう)に組織した。その教育上の才能によりプロテスタント神学と哲学の教師となる。1530年にはプロテスタント最初の信仰告白である「アウクスブルク信仰告白」を執筆した。彼の性格は温和で、指導力に欠けるところもあったが、ルターの生存時には両者の相違は顕在化しなかった。だが、晩年はルター神学との違いが目だち、論争の種を残した。しかし彼の人文主義的精神は、ルター派教会とカルバン主義とを結び付ける重要な方向を導き出したのである。[金子晴勇]
『藤田孫太郎訳『神学総論』(1949・新教出版社) ▽R・シュトゥッペリッヒ著、倉塚平訳『メランヒトン』(1971・聖文舎)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

メランヒトン
(Philipp Melanchton フィリップ━) ドイツの神学者。本名フィリップ=シュバルトツェルト。ルターの宗教改革運動に協力した人文主義者。ウィッテンベルク大学教授。主著「神学総論」はプロテスタント神学の基礎。(一四九七‐一五六〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

メランヒトン
Philipp Melanchton
本名 Schwarzert
1497〜1560
ドイツの宗教改革者・人文主義者
ヴィッテンベルク大学のギリシア語教授となり,同地で知ったルターの思想に共鳴してその宗教改革活動に参加,ルター派の理論化につとめた。後年,ルター派と一致しがたくなり,独自の神学説をたてた。主著『神学綱要』。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メランヒトン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メランヒトンの関連情報

関連キーワード

サボナローラコペルニクス大航海時代史(年表)ルネサンス史(年表)メリリャ債務整理をめぐる弁護士とのトラブル足利成氏石山寺縁起喜望峰後奈良天皇

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation