@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メリダ山脈【メリダさんみゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メリダ山脈
メリダさんみゃく
Cordillera de Mérida
ベネズエラ西部にある山脈アンデス山脈北部の支脈で,コロンビアとの国境付近でコロンビアの東部山脈から分岐。南西北東方向に 400km以上にわたって延び,北西のマラカイボ低地南東リャノスを分ける。北東は大西洋沿岸の海岸山脈に続く。万年雪をいただく高峰も多く,最高峰ボリバル山 (5002m) 。生産性の高い農業地帯で,山麓低地ではバナナ,中腹ではコーヒー,コムギなどが栽培され,パラモと呼ばれる高地草原ではウシ放牧が行われる。人口密度も比較的高い地域で,山中にはサンクリストバルメリダバレラなどの都市が発達。山脈縦断道路が通る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

メリダ‐さんみゃく【メリダ山脈】
Cordillera de Mérida》南アメリカ北部、ベネズエラ西部の山脈。アンデス山脈北端の支脈の一つで、約400キロメートルに渡って北東から南西に走る。最高峰はボリーバル山

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

メリダ山脈
めりださんみゃく
Cordillera de Mérida

南アメリカ北部、ベネズエラ西部の山脈。アンデス山脈の北端部をなす延長約400キロメートルの支脈で、最高峰ボリーバル山(5007メートル)など数座の高峰は万年雪を頂く。山脈中の多くの谷間にはコーヒー、ジャガイモ、トウモロコシなどの畑が広く開かれ、メリダをはじめとする都市、村落が多数発達している。

[松本栄次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メリダ山脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メリダ山脈の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation