@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メロッツォ・ダ・フォルリ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メロッツォ・ダ・フォルリ
Melozzo da Forlì
[生]1438. ラベンナ近郊フォルリ
[没]1494.11.8 フォルリ
イタリアのウンブリア派の画家。本名 Melozzo deli Ambrogi。ピエロ・デラ・フランチェスカに師事し,またアンドレア・マンテーニャの影響もみられる。ロレト,ウルビノ,ローマなどで活躍。師の遠近法をさらに進めて短縮法による遠近法的効果を駆使し,それに厳しい写実技法を併用して独特の画風を樹立した。作品はバチカン美術館にある『シクストゥス4世プラティナ謁見図』 (1475~77) ,ロレト聖堂聖具室の天井画 (1478) ,サンティ・アポストリ聖堂穹窿の壁画 (1480) などで,いずれも師の画業をよく継承し進展させており,ウンブリア派絵画の飛躍に大きく寄与した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

メロッツォ・ダ・フォルリ
めろっつぉだふぉるり
Melozzo da Forl
(1438―1494)
イタリア、ルネサンス期の画家。本名はメロッツォ・デリ・アンブロージMelozzo degli Ambrogiで、フォルリに生まれ、同地で没した。初めピエロ・デッラ・フランチェスカのもとで修業したと思われ、師の様式を受け継ぐとともに、より動感にあふれる画風を確立した。バチカン美術館の『シクストゥス4世とプラティナ』(1477ころ)は、遠近法に基づく空間構成とフランドル派的な写実とが融合した代表作である。ローマのサンティ・アポストリ聖堂のアプス(後陣)に描いた天井画(1477~81ころ。その断片が現在クィリナーレ宮とバチカン美術館にある)や、ロレートのサンタ・カーサ聖堂の聖マルコ聖器室の天井画(1484ころ)では、マンテーニャの影響と思われる極端な仰視法を駆使し、みごとな幻覚的表現に達している。このほかウルビーノ、フォルリでも活躍した。[篠塚二三男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

メロッツォ・ダ・フォルリ
生年月日:1438年6月6日
イタリアの画家
1494年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メロッツォ・ダ・フォルリ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メロッツォ・ダ・フォルリの関連情報

関連キーワード

フィレンツェ公会議アビス朝アフォンソ[5世]足利満貞スコータイ朝箱根山足利持氏永享の乱神山神聖ローマ帝国

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation